2013年04月29日

1-5 The One with the East German Laundry Detergent

1-5 ドイツの洗剤の出てくるお話

 ☆土曜の夜を一緒に☆

《セントラルパーク》

Monica: Would you let it go? It's not that big a deal.
 もういいじゃない。たいしたことじゃないわよ。

Ross: Not that big a deal? It's amazing. Okay, you just reach in there, there's one little maneuver, and bam, a bra right out the sleeve. All right, as far as I'm concerned, there is nothing a guy can do that even comes close. Am I right?
 たいしたことないだって? すごいことだよ。ちょっと手を入れて何かちょっとしただけで、パッ!! ブラが袖口から出てくるんだ。男にはこんなマネはとうていできないね。そうだろ?

Rachel: Come on! You guys can pee standing up.
 何言ってるのよ。あなたたち男は立っておしっこできるじゃない。

Chandler: We can? All right, I'm trying that.
 そうなの? よし、今度やってみよ。

Joey: All right, you know what blows my mind? Women can see breasts any time they want. You just look down and there they are. How you get any work done is beyond me.
 俺が圧倒されちゃうのは何かわかる? 女の子はみんないつでも見たいときに自分の胸を見られるだろ。ちょっと見下ろしただけで、そこにあるんだ。それで普通に暮らしていけるなんてわけわかんないね。

Phoebe: Oh, okay, you know what I don't get? The way guys can do so many mean things, and then not even care.
 ちょっといい? 私が納得できないのは、男って、冷たいことして平気でいられるってことよ。
(シーン)

Ross: Multiple orgasms!
 何度でもイケる!

《セントラルパーク》

Chandler: So, Saturday night, the big night, date night, Saturday night, Sa-tur-day night!
 土曜の夜! 土曜の夜だ! デートの夜だぞ、土曜、土曜の夜だ!

Joey: No plans, huh?
 予定なしか。

Chandler: Not a one.
 まったくなし。

Ross: Not even, say, breaking up with Janice?
 ジャニスと別れ話をする予定は?

Chandler: Oh, right, right, shut up.
 なるほど、それがあったよね、黙ってろ。

Monica: Chandler, nobody likes breaking up with someone. You just gotta do it.
 チャンドラー、誰だって別れ話は苦手よ。でもちゃんとしなきゃ。

Chandler: No, I know, but it's just so hard, you know? I mean, you're sitting there with her, she has no idea what's happening, and then you finally get up the courage to do it, and there's the horrible awkward moment when you've handed her the note.
 そうだよな、わかってるけど、大変なんだよ。一緒と座ってるだろ、彼女は何が起きるのかまったくわかってなくて、ようやく勇気を出すんだよ。そして手紙を渡した後のあのおそろしい気まずさ!

Joey: Why do you have to break up with her? Be a man, just stop calling.
 なんで別れ話しなきゃいけないんだよ。男だろ、もう電話するなよ。

Phoebe: You know, if you want, I'll do it with you.
 ねぇ、なんだったら私も一緒に別れ話しようか?

Chandler: Oh, thanks, but I think she'd feel like we're ganging up on her.
 ありがたいけど、それじゃ二人でいじめるみたいだ。

Phoebe: No, I mean you break up with Janice and I'll break up with Tony.
 違うわよ。私がトニーと別れて、あなたはジャニスと別れるの。

Ross: Tony?
 トニー?

Monica: Oh, you're breaking up with Tony?
 まぁ!トニーと別れるの?

Phoebe: Yeah, I know, he's sweet, but it's just not fun anymore, you know? I don't know if it's me, or his hunger strike, or, I don't know.
 そう。優しい人だけど、もう楽しくないのよね。私のせいか、それとも彼がハンガーストライキしてるせいかな・・。

Rachel: Does anybody want anything else?
 (ウェイトレスとして)だれかなにか注文ある?

Ross: Oh, yeah, last week you had a wonderful, nutty, chocolate-y kind of a cake-y pie thing. Nothing, just, just, I'm fine.
 あ、あの先週食べたのよかったな、ナッツが入ってチョコレート味で、パイって感じの(レイチェルがにらんでいる)いや、なんでもないです。いいです。

Phoebe: What's the matter? Why so scrunchy?
 どうしたの? カリカリしてんの?

Rachel: It's my father. He wants to give me a Mercedes convertible.
 父よ。メルセデス・コンバーティブルをくれるって言うの。

Ross: That guy, he burns me up.
 あの人は頭にくるよね。

Rachel: Yeah, well, it's a Mercedes if I move back home. Oh, it was horrible. He called me young lady.
 そうなのよ、もし家に戻ればメルセデスくれるって。本当に ひどいのよ。お嬢様って言って。

Chandler: Ooh, I hate when my father calls me that.
 ああ、俺も親父にそう言われるの嫌い。

Monica: Did he give you that whole "You're-not-up-to-this" thing again?
 いつもの「おまえにできることじゃない」ってのを言われたの?

Rachel: Oh, yeah, yeah. Actually, I got the extended disco version, with three choruses of "You'll never make it on your own".
 ええ、そうなの。それがディスコバージョンになってて、スリーコーラスで「おまえは独りでは無理無理」って。

Phoebe: Uh-huh, uh-huh.
 アハアハ♪

(アンジェラが来る)
Angela: Hi, Joey.
 ハイ、ジョーイ。

Joey: My god, Angela.
 わ。アンジェラだ。

Monica: Wow, being dumped by you obviously agrees with her.
 わお。あなたに振られていい効果があったみたいね。

Phoebe: Are you gonna go over there?
 あなた、行くの?

Joey: No, yeah, no. Okay, but not yet. I don't wanna seem too eager. One Mississippi, two Mississippi, three Mississippi. That seems pretty cool. Hey, Angela.
 いや。うん。いや。うん。でもダメだ。ものほしそうに見られたらまずい。1ミシシッピ、2ミシシッピ、3ミシシッピ。これで十分だろ。・・・ハーイ、アンジェラ。

Angela: Joey.
 ジョーイ。

Joey: You look good.
 素敵だね。

Angela: That's because I'm wearing a dress that accents my boobs.
 おっぱいを強調したドレスだからよね。

Joey: You don't say.
 まったくだね。

(離れたところにいるロスとレイチェル)
Ross: So, uh, Rachel, what are you, uh, what're you doing tonight?
 それで、レイチェル、今日は、えっと、今夜の予定は?

Rachel: Oh, big glamour night. Me and Monica at Launderama.
 ああ、素敵な夜よ。私とモニカとで、ランドリー。

Ross: Oh, you uh, you wanna hear a freaky coincidence? Guess who's doing laundry there too?
 あ、なんか不思議な偶然だけど聞きたい? ほかにもそこに行く奴がいるんだけど誰だと思う?

Rachel: Who?
 誰?

Ross: Me. Was that not clear? Hey, why don't, um, why don't I just join you both, there?
 僕。わかりにくかったかな? ね、どうかな、僕も、その、僕も一緒にてのは?

Rachel: Don't you have a laundry room in your building?
 あなたのビルにはお洗濯室なかったっけ?

Ross: Yes, I do have a laundry room in my building, um, but there's a rat problem. Apparently, they're attracted to the dryer sheets, and they're going in fine, but they're coming out all.... fluffy. Anyway, say, seven-ish?
 あるよ。僕のビルには洗濯室が確かにある。でも・・その・・ネズミの問題があってね。ドライヤーシートにつられて来るらしいんだな。中に入った時はいいけど出てきた時には・・・ふわっとなってる。。。とにかく、7時頃でどう?

Rachel: Sure.
 わかった。

(ジョーイとアンジェラ)
Angela: Forget it, Joey. I'm with Bob now.
 忘れてジョーイ、私はもうボブとつきあってるの。

Joey: Bob? Who the hell's Bob?
 ボブ? ボブっていったい誰?

Angela: Bob is great. He's smart, he's sophisticated, and he has a real job. You, you go on three auditions a month and you call yourself an actor, but Bob...
 ボブって素敵なのよ。頭もいいし、洗練されてるし、ちゃんと仕事もあるのよ。あなたといえば、月に3回オーディションに行くだけで自分を役者って言ってるけど。でもボブは・・。

Joey: Come on, we were great together. And not just at the fun stuff, but like, talking too.
 そう言わないで。僕らすごくうまくいってたじゃないか。楽しいことだけじゃなくて、話も合うじゃないか。

Angela: Yeah, well, sorry, Joey. You said let's just be friends, so guess what?
 そうね、でも、ごめんねジョー。あなたが友達でいようって言ったじゃない。だからね?

Joey: What?
 だから?

Angela: We're just friends.
 私たちはただの友達。

Joey: Fine, fine, so, why don't the four of us go out and have dinner together tonight? You know, as friends?
 わかった、わかったよ。じゃあ今夜4人ででかけようよ、友達として。

Angela: What four of us?
 4人って?

Joey: You know, you and Bob, and me and my girlfriend, uh, uh, Monica.
 君とボブと、僕とガールフレンドの・・・モニカと。

《モニカの部屋》

Joey: Monica, I'm telling you, this guy is perfect for you.
 モニカ、ほんとだよ、これがおまえにぴったりなやつなんだ。

Monica: Forget it. Not after your cousin who could belch the alphabet.
 あきらめて。ゲップでアルファベットを言うあなたのイトコで懲りたわよ。

Joey: Come on. This guy's great. His name's Bob. He's Angela's... brother. He's smart, he's sophisticated, and he has a real job. Me, I go on three auditions a month and call myself an actor, but Bob is...
 頼むよ、こいつはすごいんだ。ボブっていって、アンジェラの・・・兄さんだ。頭が良くて、洗練されてて、ちゃんとした職業にもついてる。俺といったら、月に3回オーディション受けて役者って名乗ってるけど、でもボブは・・

Monica: Oh, God, help us.
 (窓の外を見て)うわー。神様助けて。

Joey: What?
 なに?

Monica: Ugly Naked Guy's laying kitchen tile. Eww!
 裸のブ男がキッチンタイル貼ってる。うぇー。

Joey: Eww! Look, I'm asking a favor here. You know, I’m thinking if I do this for her brother, maybe Angela will come back to me.
 うぇー! ねぇ、頼むよ。彼女のおにいさんに恋人を紹介できれば、アンジェラも戻ってきてくれるかもしれないから。

Monica: What's going on here? You go out with tons of girls.
 どうしちゃったのよ。あなた女の子ならいっぱいいるじゃない。

Joey: I know, but.. Look, I made a huge mistake. I never should have broken up with her. Will you help me? Please?
 そうなんだよ。でも、あれは大きな間違いだったんだよ。彼女と別れるんじゃなかった。ねぇ助けると思って、モニカ?

《ロスの部屋:ロス電話中》

Ross: Okay, bye. Well, Monica's not coming, it's just gonna be me and Rachel.
 (電話で)わかったよ。じゃあね。(チャンドラーに)モニカは来ないって。僕とレイチェルだけだ。

Chandler: Oh. Well, hold on camper. You sure you've thought this thing through?
 じゃ、ちょっと待てよ、キャンパーさん、ちゃんと考えたか?
("camper" 洗濯施設があるのに、好きな女の子に会いたいために洗濯物をかかえてコインランドリーへ出かけるロスをキャンプ生活者とからかったと考えられます)

Ross: It's laundry. The thinking through is pretty minimal.
 洗濯に行くんだぞ。考えることなんて知れてるよ

Chandler: It's just you and Rachel, just the two of you? This is a date. You're going on a date.
 おまえとレイチェルの二人だけなんだろ? 二人だけ?それはデートだよ。おまえはデートに行くんだよ。

Ross: Nuh-uh.
 うそ。

Chandler: Yeah-huh.
 そうだよ。

Ross: So what're you saying here? I should shave again, pick up some wine, what?
 それで何をいいたいの? もう一回ひげ剃る? ワイン持ってく? どうしたら?

Chandler: Well, you may wanna rethink the dirty underwear. This is basically the first time she's gonna see your underwear−you want it to be dirty?
 そうだな。汚れた下着のこと考えた方がよくないか? 彼女が初めておまえの下着を見るわけだろ、汚れていていいのか? 

Ross: No.
 やだ。

Chandler: Oh, and uh, the fabric softener?
 それに、この柔軟剤?

Ross: Okay, okay, now what is wrong with my Snuggles? What, it says I'm a sensitive, warm kinda guy, you know, like a warm, fuzzy bear. Alright, I can pick something else up on the way.
 なになに、このスナグルズがいけないっていうのか? これを見れば、僕が繊細で暖かい男だってわかるよ。暖かいふわふわした熊みたいな・・・わかったよ。途中でほかの洗剤買って行くよ。

Chandler: There you go.
 それでいい。

《レストラン》

Monica: Thank you. So what does this Bob guy look like? Is he tall? Short?
 ありがと。それで、ボブってどんな感じ?背は高いの?低め?

Joey: Yep.
 そうだよ。

Monica: Which?
 どっち?

Joey: Which what?
 どっちって何が?

Monica: You've never met Bob, have you?
 あなたボブに会ったこともないのね?

Joey: No, but...
 いや、だけど・・

Monica: Oh, my god, Joey, for all we know this guy could be horribly...
 信じられない、ジョーイ、それじゃもしかしたらすっごい・・

(アンジェラとボブが入ってくる)
Angela: Hey, Joey.
 ハーイ、ジョーイ。

Monica: …Horribly attractive. I'll be shutting up now.
 すっごい魅力的。もういい。文句なし。

《セントラルパーク》

Chandler: Where are they? Where are they?
 どこだ?やつらはまだか?

Phoebe: This is nice. We never do anything just the two of us.
 これいいわね。私たち二人で何かするの初めてよね。

Chandler: It's great. Maybe tomorrow we can rent a car and run over some puppies.
 いいね。明日は車借りて子犬でも轢くか。

Phoebe: Ew, I don't wanna do that.
 やだ、それはしたくないわ。

(ジャニスとトニーがくる)

Chandler: Here we go.
 いよいよだ。

Phoebe: Okay, have a good break-up.
 OK、うまく別れてね。

Chandler: Hey, Janice.
 ヘイ、ジャニス。

Janice: Oh, my God, I am so glad you called me. I had the most supremely awful day.
 オーマイゴーッド。電話くれてほんと嬉しかったわ。今日は超スーパー最悪の日だったの。

Chandler: Hey, that's not good. Can I get an espresso and a latte over here, please?
 あらら。それはよくないね。エスプレッソとラテもらえる?

Janice: We got the proofs back from that photo shoot, you know, the one with the little vegetables. Anyway, they pretty much sucked, so, I blew off the rest of the afternoon, and I went shopping..... And I got you, I'm looking, I'm looking, I'm looking, I got you...
 今日はちっちゃい野菜の写真の見本ができてきたんだけどこれがひどくて、もうやけでショッピングに走ったわけ。それで、えっと、えっと、どこかな、待ってよ、あなたへの・・
(フィービーとトニーは別れ話終了)

Chandler: What?
 (フィービーの別れ話が終ったので)なに?!

Janice: What?
 何が?

Chandler: What... did you get me there?
 なに・・を買ってきてくれたのかな?

Janice: I got you...these.
 これよ。

Chandler: Bullwinkle socks. That's so sweet.
 ブルウィンクルの靴下ね。優しいね。

Janice: Well, I knew you had the Rockys, and so I figured, you know, you can wear Bullwinkle and Bullwinkle, or you can wear Rocky and Rocky,or, you can mix and match, moose and squirrel. Whatever you want.
 ロッキーのを持ってるでしょ、だから、両足ブルウィンクル履いたり、両足ロッキーでもいいし、たまには片っぽヘラジカ片っぽリスにでも、好きなようにできるわよ。

 ブルウィンクルとロッキーはアニメ

Chandler: That's great. Well, I'm gonna get another espresso. More latte?
 それは素敵(エスプレッソをひと飲みにする)お代わりするけど君は?

Janice: No, no, I'm still working on mine.
 いやん、まだこれで精一杯よ。
(チャンドラーはフィービーのところへ)

Chandler: That's it?
 あれだけ?

Phoebe: Yeah, it was really hard.
 ええ。すごい大変だったわ。

Chandler: Oh, yeah, that hug looked pretty brutal.
 だろうね、あのハグの本当につらそうだったこと。

Phoebe: Okay, you weren't there.
 知らないくせに!

《コインランドリー》

Woman: Coming through. Move, move.
 通るよ! どいてどいて!

Rachel: Oh, Excuse me. I was kinda using that machine.
 あら、失礼、私ここ使ってたんですけど。

Woman: Yeah, well, now you're kinda not.
 あらそう、今使ってないだろ

Rachel: But I saved it. I put my basket on top.
 でもキープしといたのよ。バスケット置いて・・。

Woman: Oh, I'm sorry, is that your basket? It's really pretty. Unfortunately, I don't see suds.
 あらそうかい。あれはあんたのカゴだったの?そりゃよかったね。でも、洗剤は入ってないだろ

Rachel: What?
 え?

Woman: No suds, no save. Okay?
 洗剤なしならキープなし。わかった?!
(ロスがくる)

Ross: What's going on?
 どうした?

Rachel: Hi, uh, nothing. That horrible woman just took my machine.
 なんでもないのよ。おそろしい女の人に洗濯機取られちゃったの。

Ross: Was your basket on top?
 バスケット置いておいた?

Rachel: Yeah, but, there were no suds.
 ええ。でも、洗剤までは入れてなかったの。

Ross: So?
 それが?

Rachel: Well, you know, no suds, no save.
 そうなんでしょ? 洗剤なしならキープなし。

Ross: No suds? Excuse me, hold on a second. That's my friend's machine.
 洗剤なし?(女性に)ちょっと、ちょっと待ってくださいよ。それは彼女が使ってたんですよ。

Woman: Hey, hey, hey, her stuff wasn't in it.
 ちょっとちょっと! その子のもんは入ってなかったわよ!

Ross: Hey, hey, hey, that's not the rule and you know it.
 ちょっとちょっと! そんなルールないってこと、自分でもわかってるでしょ!
(にらみ合った後、女性が立ち去る)

Ross: All right, show's over. Nothing to see here. Okay, let's do laundry.
 (周りの人々に)はいはい、ショーはおしまいですよ。見るものなし。(レイチェルに)さあ、お洗濯しよう。

Rachel: That was amazing. I can't even send back soup.
 あなたすごかったわ。私ならスープの返品もできないわよ。

 (スープの返品をするのもけっこう勇気がいるってことですが・・アメリカで超人気だった番組、「となりのサインフェルド」の中でジョージという人が語って、相当ウケたようです。放送はフレンズと同じ1994年の2月)



(このドラマを見てないのでわからないのですが……
 The sea was angry that day my friends,,, like an old man trying to send back soup at a deli...
 このセリフに、聞いてる二人は顔を見合わせていますね。深刻そうに言ってておかしいです。・・ゴルフボールがクジラかなにか泳ぐほ乳類の空気の通りの邪魔になっていたのを取り出した??)
 (「ダーマ&グレッグ」で、「隣のサインフェルド」の最終回放送中という設定の時、町の人通りは少なく、飲食店などでもみんなが「隣のサインフェルド」を見ています。よほどの人気ですね。
 んなわけで、send back soup は一種の流行語かと。)


Ross: Well, that's because you're such a sweet, gentle, uh...Do you, uh, do you...Oh, hey, uh you must need detergent.
 それは・・それは君が優しくておっとりして・・えっと君はこの次は・・洗剤が必要だね。

Rachel: What's that?
 それは何?
Ross: Uberweiss. It's new. It's German. It's extra tough.
 ウーベルバイス! 新しいんだ。ドイツ製だよ。すっごいタフなんだ!

(レイチェルが洗濯物を入れ始める)

Ross: Rach, do you uh, are you gonna separate those?
 レイチ、それ、分け洗いしないの?

Rachel: Oh, God. Oh, am I being like a total laundry spaz? I mean, am I supposed to use like one machine for shirts and another machine for pants?
 あらやだ。私ったらお洗濯わかってないわよね。シャツはこっち、パンツはこっちって分けるのよね。

Ross: Have you never done this before?
 レイチ、洗濯したことないとか?

Rachel: Well, not myself, but I know other people that have. Okay, you caught me. I'm a laundry virgin.
 まぁ、私自身では・・お洗濯してる知り合いはいるわよ。降参よ、ばれたわね。お洗濯初体験です!

Ross: Uh, well, don't worry, I'll use the gentle cycle. Okay, um, basically you wanna use one machine for all your whites, a whole other machine for colors, and a third for your uh, your uh, delicates, and that would be your bras and your under-panty things.
 ああ、いいよ心配しないで、優しくするから。回転をね。基本的には、一つの洗濯機で白い物、色物はほかの洗濯機で、あとデリケートなもの、たとえばブラとかの下着はまた別にね。

Rachel: Okay, Well, what about these are white cotton panties. Would they go with whites or delicates?
 じゃあこれは? 白くてコットンのパンティは? 白い物?デリケード?

Ross: Uh, that, that, that would be a judgment call.
 あ、そ、それは・・それは審判に判断を委ねよう。

《レストランのモニカ達》

Monica: He is so cute! So, where did you guys grow up?
 (ジョーイに)彼すごい素敵。(アンジェラとボブに)それで、お二人はどこで育ったの?

Angela: Brooklyn Heights.
 ブルックリンハイツよ。

Bob: Cleveland.
 クリーブランド。

Monica: How, how did that happen?
 なんでそうなるの?

Joey: Oh, my God.
 うわー助けて

Monica: What?
 なに?

Joey: I suddenly had the feeling that I was falling. But I'm not.
 なんか突然落ちそうな気がして。でも落ちなかったよ。

《時間経過》

Joey: So, you and Angela, huh?
 それで、アンジェラとつきあってるんだね。

Bob: Yep. Pretty much.
 そう。ばっちりね。

Joey: You're a lucky man. You know what I miss the most about her? That cute nibbley noise she makes when she eats. Like a happy little squirrel, or a weasel.
 君はついてるよ。俺が一番懐かしいなと思うところは、アンジェラが食べるときにたてる音だよ。こう、幸せそうなリスとかイタチみたいな。

Bob: Huh, I never really noticed.
 はぁ。。それは気づかなかったな。

Joey: Oh, yeah, yeah, listen for it.
 いやほんとだよ。聞いてみなよ。

Bob: Monica. Monica is great.
 モニカだけど、彼女は素敵じゃないか。

Joey: Yeah, she is. But it's not gonna last. She's too much for me in bed. Sexually.
 ああ。でも、もう続きそうにないよ。ベッドの彼女にはもうもたないよ。激しいんだ。

《女性バスルーム》

Monica: I've gotta tell you, Bob is terrific.
 ほんと、ボブって素敵ね

Angela: Yeah, isn't he?
 そうでしょう?

Monica: It is so great to meet a guy who is smart and funny, and has an emotional age beyond, like eight.
 頭がよくて楽しくて、それでいて精神年齢が8歳以上の男に会えるってなかなかないわよ、最高ね。

Angela: You know what else? He's unbelievable in bed.
 それにね、彼、ベッドでもすごいのよ。

Monica: Wow. My brother never even told me when he lost his virginity.
 ええ? 私兄の初体験がいつかも知らないわよ。

Angela: Huh. That's nice.
 あら・・・よかったわね。

《セントラルパーク:カウンターで話すフィービーとチャンドラー》

Phoebe: Okay, you can do this. It's just like pulling off a Band-aid. Just do it really fast, and then the wound is exposed. Go! Go!
 いい、あなたにはできる。バンドエイドをパッとはがすのと同じよ。バーッと素早くやれば、傷口が出てくるのよ。

(ジャニスの元へ戻るチャンドラー)
Chandler: Janice. Hi, Janice. Okay, here we go. I don't think we should go out anymore. Janice.
 ジャニス。。ハーイ、ジャニス。いいかい、いくよ。僕らもうつきあわない方がいいよ・・・ジャニス。

Janice: All right. Well, there you go. Stop it, stop it, stop it.
 だいじょうぶ、ええ、そうよ・・(涙)止まれ止まれ止まれ。

《コインランドリー》

Rachel: Okay, I know this is gonna sound really stupid, but I feel that if I can do this, you know, if I can actually do my own laundry, there isn't anything I can't do.
 ね、こんなこというと、すごく馬鹿みたいでしょうけど、でもね、もし自分でお洗濯ができれば、もうできないことは何もないような気がするの。

Ross: That does not sound stupid to me. You know, it's like the first time I had to make dinner for myself, after Carol left me? I'm sorry, that's all the time we have. Next on Ross. . . Okay.. Uh-oh.
 全然変じゃないよ。僕も、キャロルが出ていって初めて自分で夕食を作らなきゃならなくなった時・・(ブザー)あっ失礼、時間切れです。続きはまた・・(洗濯機をあける)おーっと。

Rachel: What uh-oh?
 おーっとって何?

Ross: Uh-oh, uh-oh, the laundry's done. It's, uh, it's a song. The laundry song that we sing. Uh-oh, the laundry's done, uh-oh, uh-oh.
 おっとぉ! おっとっとー!洗濯が終わったよー。これは歌だよ。洗濯歌っていうんだ。おっとー♪洗濯が終わったよー♪おっとっとー♪

Rachel: Ross, what's the matter?
 ロス、どうしたの?

Ross: Nothing, nothing. Lee-lo, the laundry's done.
 なんでもない、なんでもないよ。洗濯が終わったよ♪

Rachel: Come on, show me.
 ちょっと。見せて。

Ross: All right, all right, it's just that you left a red sock in with all your whites, and now, everything's kinda pink.
 大丈夫、大丈夫だよ。ただ白い中に赤い靴下を入れちゃったみたいだね。それでみんなピンクって感じ。

Rachel: Oh, everything's pink?
 ああ・・何もかもピンク?

Ross: Yeah, uh, except for the red sock, which is still red. I'm sorry, please don't be upset, it could happen to anyone.
 そうだね。この赤い靴下はそのまま赤いよ。がっかりだったけど、気にしないで。よくあることだよ。

Rachel: But it didn't. It happened to me. Oh, God, I'm gonna look like a big marshmallow peep. What am I doing? What am I doing? My father's right. I can't live on my own! I can't even do laundry!
 ほかの誰でもない私がやったのよ。こんなの来たらでっかいマシュマロのお菓子だわ。私ったら何をしてるのよ、何をしちゃったの? お父様のいうとおり、私一人でやっていけないんだわ。お洗濯もできないなんて!

31682.jpg
(カワイイ! これのピンクですね(^^;)
peeps.jpg
(これがマシュマロピープ。すごい色ですね)

(先ほどの女性が覗いて笑う・・・この人って、レズビアン結婚式の会に、フィービーに声をかけた人と同じ人?)

《レストラン》

Monica: Something went wrong with Underdog, and they couldn't get his head to inflate. So anyway, um, his head is like flopping down Broadway, right. And I'm just thinking... how inappropriate this is. Um, I've got something in my eye, uh, Joey, could we check it in the light, please?
 アンダードッグに何か問題があったらしくて、頭の部分に空気が入らなかったのね、それで・・それでその頭がブロードウェイの方へ倒れちゃって・・それって、それって、すごく変だと思って。あー・・何か目に入ったみたい。ジョーイ、ちょっと明るいところで見てくれる?お願い。

underdog.jpg
(これがアンダードッグ)

underdogb.jpg
こちらが、モニカの話しているアンダードッグのバルーン)

(席を離れる)
Monica: Oh, my God.
 なんなのあれ?!

Joey: What?
 なにが?

Monica: Hello! Were we at the same table? It's like... cocktails in Appalachia.
 何がってなに? 同じテーブルで見てたでしょ? あれじゃ近親相姦カクテルパーティよ。

(訳は悩むところですが、Appalachia など一部の貧しい白人の住む地域では、近親相姦がよく行われているというジョークは、アメリカでは誰もが聞いたことのあるものだそうです。)

Joey: Come on, they're close.
 そう言うなって。二人は仲がいいんだよ。

Monica: Close? She's got her tongue in his ear.
 仲がいい? 彼女彼の耳に舌を入れてるわよ!

Joey: Oh, like you've never gotten a little rambunctious with Ross.
 おまえだってロスと羽目を外すことあるだろー。

Monica: Joey, this is sick, it's disgusting, it's, it's−not really true, is it?
 ジョーイ、こんなのおかしい。気持ち悪いわよ。こんなの・・こんなの・・嘘だったのね?!

Joey: Well, who's to say what's true? I mean...
 何が真実かなんて誰に言える?

Monica: Oh, my God, what were you thinking?
 嘘だったのね! なに考えてんのよ!!

Joey: All right, look, I'm not proud of this, okay? Well, maybe I am a little.
 わかったよ。こんなことして自慢になるとは思わないけど・・でもよく考えただろ?

Monica: Oh!
 もう!(叩く)

Joey: Ow!
 痛っ!

Monica: I'm out of here.
 帰るわ。

Joey: Wait, wait, wait. Come on. You like him, I want her. He likes you.
 待って、待てったら。彼気に入っただろ? 俺も彼女がほしい、彼もおまえを気に入ってるよ

Monica: Really?
 ほんと?

Joey: Yeah. Listen, I'm thinking, if we put our heads together, between the two of us, we can break them up.
 ほんとだって。考えたんだけど、俺たちで組んだら、二人を別れさせることができるよ。

《時間経過》

Monica: I'm so sorry, I can't believe I did this, but I couldn't stop laughing at your Norman Mailer story.
 ほんっとにごめんなさい。こんなことしちゃうなんて。でもあなたのノーマン・メイラーの話がおかしくてたまんなくて。
こちらが→ノーマン・メイラー、小説家・ジャーナリスト・エッセイストなどの肩書きを持ちピューリッツァー賞を受賞していて、あまりお笑いネタじゃなさそう。つまり、媚びて無理矢理笑ってるのかな。)

(アンジェラは音をたててチキンを食べている)

Joey: Uh, waiter, one more plate of chicken wings over here.
 ウェイター、こちらに手羽をもう一皿お願い。

《セントラルパーク》

Chandler: Here's the thing, Janice. You know, I mean, it's like we're different. You know, I’m like the bing, bing, bing. You're like the boom, boom, ... boom.
 いい、聞いて、ジャニス、君は、その・・僕らは違うんだ。僕はビンビンビンで君はブンブンブン!みたいな(手を振り回して、それがジャニスに当たる)

Janice: Ow!
 痛っ!

Chandler: Oh, my God, I'm so sorry. Are you okay?
 なんてことを! ごめんよ、大丈夫?

Janice: Ow. Um, it's just my lens. It's my lens. I'll be right back.
 あう。コンタクトよ、コンタクトが・・すぐ戻るわ。(バスルームへ)

Chandler: I hit her in the eye! I hit her in the eye! This is the worst break-up in the history of the world.
 (フィービーに)目を叩いちゃった目を叩いちゃった!こんなの世界一ひどい別れ方だよ!

Phoebe: Oh, my God. How many of those have you had?
 まーなんてことかしら。あなた何杯飲んだの?

Chandler: Oh, I don't know, a million?
 さあ。百万杯?

Phoebe: Chandler, easy, easy. Go to your happy place. La la la la la la la.
 チャンドラー、気を楽にして。楽しいこと思い浮かべて。ランラララララ!

Chandler: I'm fine. I’m fine.
 大丈夫。大丈夫だよ。

Phoebe: All right.
 よかった。

Chandler: I'm not fine. Here she comes.
 大丈夫じゃないよ。彼女が来るよぉ。

Phoebe: Wait here, okay? Breathe.
 ここで待ってて。はい、深呼吸して。
(フィービーとジャニスとで話をして、ジャニスが微笑んで店を出て行く)

Chandler: How do you do that?
 どうやったの?

Phoebe: It's like a gift.
 ひとつの才能ね。

Chandler: We should always always break up together.
 これからはいつも一緒に別れ話しよう!

Phoebe: Oh, I'd like that.
 わあ、いいわね。

《コインランドリー》

Ross: You got the clothes clean. Now that's the important part.
 服がきれいになったんだから。大事なのはそこだよ。

Rachel: Oh, I guess. Except everything looks like jammies now.
 まぁね。でもなにもかもパジャマみたいよ。
(さっきの女性がカートを取る)

Rachel: Whoa, I'm sorry. Excuse me. We had this cart.
 わお! ちょっと、すみませんけど、これ使ってるんです。

Woman: Yeah, well, I had a 24-inch waist. You lose things. Now come on, get outta my way.
 あらそう、私だってウェストが60センチだった頃があるんだよ。失うもんなんだよ。さあ、どいて。

Rachel: I'm sorry, you know, maybe I wasn't being clear. Uh, this is our cart.
 すみませんけど、私、はっきりしてなかったかしら? これ使用中なんです。

Woman: Hey, hey, hey, there aren't any clothes in it.
 ちょっとちょっと! 何も入ってないじゃないの!

Rachel: Hey, hey, hey, hey, quit making up rules!
 ちょっとちょっと! でまかせのルールはもういいわよ!

Woman: Let go!
 離しなさいよ!

(奪い合いの末、レイチェルがカートに座り込む)

Rachel: All right, listen, missy. If you want this cart, you're gonna have to take me with it!
 わかったわよ、いいこと? どうしてもカートが欲しいっていうなら、私ごと持っていきなさいよ!
(女性は立ち去る)

Rachel: Yes! Did you see that?
 やったわ! 見てた?

Ross: You were incredible! Brand new woman, ladies and gentlemen.
 素晴らしかったよ! 生まれ変わった彼女ですよ、紳士淑女のみなさま!

Rachel: I could not have done this without you.
 あなたなしではできなかったわ。
(レイチェルはロスにキスをする)

Ross: Okay, um, uh, more clothes in the dryer? Oh! I'm fine, I'm fine.
 おー。あ、えっと、もっとドライヤー?(ドライヤーのドアに頭をぶつけて転ぶ)大丈夫、大丈夫。

Rachel: Are you sure?
 ほんと?

Ross: No.
 ううん。

《セントラルパーク:額を冷やすロス》

Rachel: Oh, are you sure you're okay?
 ああ・・。本当に大丈夫?

Ross: Yeah.
 うん。

Rachel: Does it still hurt?
 まだ痛い?

Ross: Yeah.
 うん。

Phoebe: What a neat idea. All your clothes match. I'm gonna do this.
 なんて素敵なのかしら。みんな色が合うわね。私もやろうっと。

(モニカとジョーイがくる)

Monica: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Hey, how'd it go?
 あら、どうだった?

Joey: Excellent.
 すっばらしかったよ。

Monica: We ripped that couple apart, and kept the pieces for ourselves.
 私たちカップルを真っ二つにして、それぞれをいただいちゃった。

Ross: What a beautiful story. Hey, I'm fine by the way.
 なんて美しい話なんだ。ねぇ、僕は大丈夫だから。

Monica: Oh, I'm sorry.
 あら、ごめん。

Rachel: Where's Chandler?
 チャンドラーは?

Phoebe: Oh, he needed some time to grieve.
 ああ、彼は別れを味わう時間が必要なのよ。

(チャンドラーが外を走っていく)
Chandler: I'm free! I'm free!
 自由だ! 自由だ!

Phoebe: That ought to do it.
 味わってるわね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:46| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

1-4 The on with George Stephanopoulos

1-4 ジョージ・ステファノポラスが出てくる話

 ☆レイチェルの憂鬱☆

《セントラルパーク》

Monica: Alright. Phoebe?
 いいわね。フィービーは?

Phoebe: Okay, okay. If I were omnipotent for a day, I would want, um, world peace, no more hunger, good things for the rain-forest...And bigger boobs!
 そうね・・もし一日全能になれたら叶えたいこと・・・世界平和でしょ、飢餓をなくして、熱帯雨林を守ること、それから・・おっぱいを大きくする!

Ross: Yeah, see.. you took mine. Chandler, what about you?
 いいね。僕の取られたよ。チャンドラーは?

Chandler: Uh, if I were omnipotent for a day, I'd.. make myself omnipotent forever.
 うん、もし一日全能になれたら・・一生全能になる!

Rachel: See, there's always one guy. "If I had a wish, I'd wish for three more wishes."
 ああ、こういうやつって絶対一人はいるのよね。「もしひとつ願いが叶うなら、あと3つ叶えられるようにする」

(ジョーイが来る)
All: Hey, Joey. Hi. Hey, buddy.
 ハーイ、ジョーイ!

Monica: Hey, Joey, what would you do if you were omnipotent?
 ねぇ、ジョーイ、もし全能になったらどうする?

Joey: Probably kill myself!
 そりゃ多分、死ぬね。

Monica: ..Excuse me?
 ・・何言ってるの?

Joey: Hey, if Little Joey's dead, then I got no reason to live!
 もし俺の大事なジョーイが死んじゃったら、生きてる意味がないよ。

Ross: Joey, uh- OMnipotent.
 ジョーイ、それ「不能」だよ。

Joey: You are? Ross, I'm sorry..
 おまえが?! ロス! かわいそうに!

《セントラルパーク:フィービーが眠っている》

Monica: How does she do that?
 よく眠れるわよね?

Ross: I cannot sleep in a public place.
 公共の場でなんて眠れないよ。

Monica: Would you look at her? She is so peaceful.
 見てこの顔。ほんと穏やかな顔しちゃって

Phoebe: Oh! What what what! ...Hi.
 (目を覚ます)うわっ! わっ! 何なになに? ・・あ、ハーイ。

Ross: It's okay, you know, you just nodded off again.
 大丈夫だよ、だけど、また居眠りしてたよ。

Monica: What's going on with you?
 どうしちゃったの?

Phoebe: I got no sleep last night!
 昨日ぜんぜん眠れなかったのよ。

Ross: Why?
 どうして?

Phoebe: My grandmother has this new boyfriend, and they're both kind of insecure in bed. Oh, and deaf. So they're constantly, like, having to reassure each other that they're having a good time. You have no idea how loud they are!
 おばあちゃんが新しいボーイフレンド連れてきたのね。それで二人ともベッドの中で危なかったらしくて、それに耳も聞こえないし! それで二人してしょっちゅうお互い楽しんでるか確かめ合ってるのよ。それがどんなに騒がしいかわかる?!

Monica: Well, if you want, you can stay with Rachel and me tonight.
 まぁ・・もしよかったら、今夜はうちに泊まる?

Phoebe: Thanks.
 ありがと。

(チャンドラーとジョーイが来る)

Joey: ...Ninety-five, ninety-six, ninety-seven. See, I told you! Less than a hundred steps from our place to here.
 95、96、97! ほら、言っただろ、うちからここまで100歩以内で来れるんだ。

Chandler: You got way too much free time.
 おまえってば暇過ぎ。

Joey: Hey! Here's the birthday boy! Ross, check it out: hockey tickets, Rangers-Penguins, tonight at the Garden, and we're taking you.
 ヘイ! 誕生日っ子! ロス、見ろよ、ホッケーのチケットだぜ。レンジャーズとペンギンズだ。(マディソンスクエア)ガーデン、今日連れてってやるからな!

Chandler: Happy birthday, pal!
 誕生日おめでとっ!

Joey: We love you, man.
 愛してるぜー!

Ross: Funny, my birthday was seven months ago.
 おかしいな、僕の誕生日は7ヶ月前だけどね。

Joey: So?
 それで?

Ross: So, I'm guessing you had an extra ticket and couldn't decide which one of you got to bring a date?
 つまり、きっと君らは余ったチケットでどっちの彼女を誘うのか決められなかったんだな。

Chandler: Well, aren't we Mr. "The glass is half empty."
 ネガティブな僕たち。
 (The glass is half empty. --半分しかない
  The glass is half full. --まだ半分ある
 映画ナルニア国物語第三章では、不満だらけのユースタスが
 リーピチープのことをhalf fullの前向きな奴と嫌がっています)


Ross: Oh, my God, oh- is today the twentieth, October twentieth?
 ああ・・今日ってもしかして10月20日?

Monica: Oh, I was hoping you wouldn't remember.
 あー、気づかないといいなと思ってたのよね。

Ross: Ohhh.
 あぁぁ。。

Joey: What's wrong with the twentieth?
 20日がどうしたんだよ。

Chandler: Eleven days before Halloween.. all the good costumes are gone?
 ハロウィンまで11日しかなくて、いいコスチュームは品切れ?

Ross: Today's the day Carol and I first.. consummated our physical relationship. Sex. ..You know what, I-I'd better pass on the game. I think I'm just gonna go home and think about my ex-wife and her lesbian lover.
 今日は、キャロルと初めて肉体関係を成就した日なんだ。セックスのことだよ。なぁ、やめとくよゲームは。うちへ帰って別れた妻とレズビアンの恋人のことでも考えてるよ。

Joey: The hell with hockey, let's all do that!
 ホッケーなんかやめといてそっちにしよう。

Chandler: Come on, Ross! You, me, Joey, ice, guys' night out, come on, what do you say, big guy. Huh? Huh? Huh?
 カモン、ロス! おまえと俺と、ジョーイとで、男だけの夜のお出かけだ!カモーン! どうだよ男同士、え? どう?どう?

Ross: What are you doing?
 何やってんだよ。

Chandler: I have no idea.
 謎。

Joey: Come on, Ross!
 行こうよ、ロス!

Ross: Alright, alright, maybe it'll take my mind off it. Do you promise to buy me a big thumb finger?
 いいよわかった。気分転換になるかもね。応援のでっかい手買ってくれる?

Chandler: You got it.
 わかったよ。

(レイチェルが封筒を持って走ってくる)

Rachel: Look-look-look-look-look, my first pay check! Look at the window, there's my name! Hi, me!
 見て見て見て! 初めてのお給料よ!! ここ見て、私の名前よ、ハーイ私!

Phoebe: I remember the day I got my first pay check. There was a cave in in one of the mines, and eight people were killed.
 初めてのお給料って覚えてるわよね。私がもらったときは、鉱山で落盤があって8人が亡くなったわ。

Monica: Wow, you worked in a mine?
 まぁ。あなた、鉱山で働いてたの?

Phoebe: I worked in a Dairy Queen, why?
 私はデイリークイーンで働いてたのよ。なんで?

Rachel: God, isn't this exciting? I earned this. I wiped tables for it, I steamed milk for it, and it was totally−not worth it. Who's FICA? Why's he getting all my money? I mean, what- Chandler, look at that.
 なんてエキサイティングなの? 私が稼いだのよ、このためにテーブルを拭いたり、ミルクを沸かしたり、その甲斐あって・・・(中を見る)甲斐がないわ! ファイカって誰よ?! なんでこいつ私のお金取るのよ?! チャンドラー、見てよこれ。

 (FICA=Federal Insurance Contributions Act
  連邦社会保障拠出金法に従って課金される税金)


Chandler: Oh, this is not that bad.
 ああ、これなら悪くないよ

Joey: Oh, you're fine, yeah, for a first job.
 ああ、大丈夫だよ、初めての仕事だろ?

Ross: You can totally, totally live on this.
 これで十分食べていけるって!

Monica: Yeah, yeah.
 そうよそうよ。

Ross: Oh, by the way, great service tonight.
 そういえば、今日のサービスよかったよね。

All: Oh! Yeah!
 ほんとほんと(みんなでチップをはずむ)

Guys: Hockey! Hockey! Hockey.
 ホッケーだ! (レイチェルの友人達が入ってくる)・・・ホッケー、ホッケーだ!

Leslie: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Oh, my God!
 キャー!

Monica: I swear I've seen birds do this on Wild Kingdom.
 私、野生の王国でああいう鳥を見たことあるわ。

Rachel: What are you guys doing here?
 みんな、どうしたのよ?

Kiki: Well, we were in the city shopping, and your mom said you work here, aaand it's true!
 街へショッピングに来たのよ。おかあさまから、あなたがここにいるって聞いたから。ほんとだったわぁぁぁ!

Joanne: Look at you in the apron. You look like you're in a play.
 エプロンしちゃって。なんか、お芝居してるみたい。

Rachel: Look at you, you are so big I can't believe it!
 まぁ見て!すごい大きくなってるのね。信じらんない。

Leslie: I know. I know! I'm a duplex.
 でしょ?! そうなの。二世帯住宅よ!

Rachel: So what's going on with you?
 (ジョアンに)それであなたは?

Joanne: Well, guess who my dad's making partner in his firm?
 父が誰を共同経営者にしたでしょうか?!(自分を指す。全員で叫ぶ)

Kiki: And while we're on the subject of news..
 それで、ニュースって言えばぁ・・(婚約指輪を見せる、みんな叫ぶ)

Phoebe: Look, look, I have elbows!
 見て!私、肘があるぅ!(モニカとフィービー叫ぶ)

《歩道。チャンドラーとジョーイとロス》

Chandler: ...Poulet passes it up to Leetch!
 プーレがリーチにパスしました!

Joey: Leetch spots Messier in the crease- there's the pass!
 リーチはゴールクリーズ(ゴールキーパー前)にメシエがいるのを見た。パス!(缶をロスにパスするがロスはウインドウに見入っている)

Chandler: We'll take a brief time out while Messier stops to look at some women's shoes.
 しばしのタイムアウトです。メシエが女性用靴を見ております。

Ross: Carol was wearing boots just like those the night that we- we first- you know. Fact, she, uh- she never took'em off, 'cause we-we- Sorry. Sorry.
 キャロルがちょうどあんなブーツを履いていたんだ。その夜、僕らが初めて・・ね? 結局彼女は最後までそれを脱がなかったんだよね、だって僕ら・・ごめんごめん。

(歩き始める。ロスが立ち止まって嘆き声)

Joey: What?
 なんだよ

Ross: Peach pit.
 桃の種だ。

Chandler: Yes, Bunny?
 それがどうかした? バニー?
 (ピーチバニーというカクテルがある)

Ross: Peach pit. That night we, uh- we had-
 桃の種だよ。僕らはあの夜・・

Joey: -Peaches?
 桃食べた?

Ross: Actually, nectarines, but basically...
 実際はネクタリンだけど

Chandler: Could've been a peach.
 (ジョーイに)桃でいいじゃんね。

Ross: Then, uh, then we got dressed, and I-I... I walked her to the. . the bus stop... I'm fine.
 それから、僕らは服を着て・・それで・・それから僕は・・彼女をバス停まで送っていったんだ・・・大丈夫だよ。

Joey: Hey, that woman's got an ass like Carol's! What? Thought we were trying to find stuff.
 おい、あの子のお尻キャロルとそっくり!(にらまれて)なんだよ。関連探しだろ?

《セントラルパーク》

Rachel: So come on, you guys, tell me all the dirt!
 それで? ねぇ、ゴシップ全部聞かせてよ!

Kiki: Well, the biggest news is still you dumping Barry at the altar!
 そうね、今も最大のニュースはあなたがバリーを置いて教会を逃げ出したことよ。

Joanne: Alright. Let's talk reality for a second.
 ね、もうそろそろまじめな話をしましょ。

Rachel: Okay.
 なぁに。

Joanne: When are you coming home?
 いつ家に戻るの?

Rachel: What? Guys, I'm not.
 なんですって? 戻らないわよ。

Joanne: Come on, this is us.
 そう言わないで、友達じゃない。

Rachel: I'm not! This is what I'm doing now. I've got this job-
 戻らないってば。ここで働いているんだもの。ここの仕事して・・。

Kiki: Waitressing?
 ウェイトレスして?

Rachel: Okay, I'm not just waitressing. I'm.. I, um... I write the specials on the specials board, and, uh... and I, uh... I take the uh dead flowers out of the vase... Oh, and, um, sometimes Artelle lets me put the little chocolate blobbies on the cookies.
 ただのウェイトレスじゃないわよ。えっと・・看板に本日のスペシャルを書いたり、それから・・花瓶の枯れた花を捨てたり、あ、それから時々アーテルがクッキーにチョコチップ載せるの手伝うわよ。

Leslie: Well. Your mom didn't tell us about the blobbies.
 おかあさまからチョコのことは聞かなかったわね・・・。

《モニカの部屋》

Monica: Hey, Rach. How was it with your friends? Okay! How would you like some Tiki Death Punch?
 あら、レイチ、お友達とどうだった?(フィービーと二人で叫ぶ)よーし、ティキ・デス・パンチはいかが?
 (Tiki Death Punch ---カクテル
  15ml (0.5 oz) Gold Rum
  15ml (0.5 oz) Dark Rum
  15ml (0.5 oz) White Rum
  30ml (1 oz) Strawberry Syrup
  60ml (2 oz) Pineapple Juice
  Juice of half a lime)


Rachel: What's that?
 それ何?

Monica: Well, it's rum, and-
 ラム酒でしょ、それから・・

Rachel: Okay.
 飲む。(奪って飲む)

Monica: We thought since Phoebe was staying over tonight we'd have kinda like a slumber party thing. We got some trashy magazines, we got cookie dough, we got Twister...
 フィービーがうちに泊まることになったから、パジャマパーティみたいなことしようかって。雑誌でしょ、クッキー・ドウでしょ、ツイスターも用意したし・・(電話がなる)

Phoebe: Ooh! Ooh! And I brought Operation! But, um, I lost the tweezers, so we can't operate. But we can prep the guy!
 そうそう! 私手術ゲーム持ってきたのよ。ピンセットなくしちゃったから手術はできないけど、男の手術準備できるわよ!

Monica: Uh, Rach, it's the Visa card people.
 レイチ、ビザカードから電話よ。

Rachel: Oh, God, ask them what they want.
 ああもう何よ。用件聞いてくれる?

Monica: Could you please tell me what this is in reference to?. . . Yes, hold on. . . Um, they say there's been some unusual activity on your account.
 おそれいりますがどういったご用件でしょう。はい、お待ちを。(レイチェルに)カード利用に異常なところがあるって。

Rachel: But I haven't used my card in weeks!
 でもずっと使ってないのに!

Monica: That is the unusual activity. Look, they just wanna see if you're okay.
 それが異常なのよ。ただあなたが大丈夫か聞きたいのよ。

Rachel: They wanna know if I'm okay. Okay.. they wanna know if I'm okay, okay, let's see. Well, let's see, the FICA guys took all my money, everyone I know is either getting married, or getting promoted, or getting pregnant, and I'm getting coffee! And it's not even for me! So if that sounds like I'm okay, okay, then you can tell them I'm okay, okay?
 私が大丈夫か聞きたいってわけね。そうなの、私が大丈夫かっていうのね。どうかしら、そうね、ファイカの人にお金取られて、知ってる人はみんな結婚したり、昇進したり、妊娠したり、そして私はコーヒー淹れてるのよ! しかも自分が飲むわけでもないのよ! それで大丈夫なように聞こえるなら、大丈夫なのよ。そう言ってくれる? 大丈夫?

Monica: Uh. . . Rachel has left the building, can you call back?
 えっと・・レイチェルはどっか行っちゃいました。かけ直してくださる?

(Rachel has left the building. は、 “Elvis has left the building.” が元になっています。
  エルビスのアンコールを期待していつまでも帰らない観客にされたアナウンスから、もう終わったという時に使われるようになったもの。
  レイチェルは今日はもう完全に終わっちゃってる、みたいな。
☆映画「インデペンデンス・デイ」でも、ヒラー大尉(ウィル・スミス)がエイリアンの母船から危機一髪で脱出したとき、ずばりこの言葉を言っています。)



 (初めてこの言葉が使われたときのアナウンスだそうです)

Rachel: Alright, come on! Let's play Twister!
 もういいわ! ツイスターしましょうよ(泣きそう)

《マディソンスクエアガーデン》

Ross: Sorry, sorry... Uh-oh.
 失礼、失礼・・。 ああ(嘆く)

Chandler: What? There was ice there that night with Carol? Plastic seats? Four thousand angry Pittsburgh fans?
 なんだよ? キャロルとの日にも氷があった? プラスチックの椅子だった? 4000人の不機嫌なピッツバーグファンがいた?

Ross: No, actually I was just saying it looks like we're not sitting together. But now you mention it, there was ice there that night... It was the first frost...
 違うよ。3人並んで座れないみたいって言おうとしたんだよ。でも、そう言われてみれば、あの夜、氷があったよ。初霜の日だったんだ・・・。

Joey: Come on, sit. Just sit down, sit.
 頼むよもう。座って。いいから座って。

《モニカの部屋》

Monica: You should feel great about yourself! You're doing this amazing independence thing!
 自分を誇りに思っていいのよ! 見事に独り立ちしているんだから!

Rachel: Monica, what is so amazing? I gave up, like, everything. And for what?
 どこが見事なのよ。私が捨てたものといったら・・すべてなのよ! それで何を得た?

Phoebe: You are just like Jack.
 あなたってジャックみたいなもんよ。

Rachel: ...Jack from downstairs?
 ジャックって下の階の?

Phoebe: No, Jack and the Beanstalk.
 違う、ジャックと豆の木よ。

Monica: Ah, the other Jack.
 ああ、そっちのジャックね。

Phoebe: Yeah, right! See, he gave up something, but then he got those magic beans. And then he woke up, and there was this, this big plant outside his window, full of possibilities and stuff.. And he lived in a village, and you live in the Village..
 そうよ! ジャックは何かと引き換えに、魔法の豆を手に入れたのよ。そして朝起きてみたら、窓の外に大きな植物が育ってて、その先はもう・・可能性がいっぱいで・・彼はビレッジに住んでいたし、あなたも(グリニッジ)ビレッジに住んでるでしょ。

Rachel: Okay, but Pheebs, Pheebs, Jack gave up a cow, I gave up an orthodontist. Okay, I-I-I know, I know I didn't love him-
 わかったわフィーブス、でもフィーブス、ジャックは牛を捨てて、私は歯科矯正医を捨てたのよ。まぁ、そうよ私は彼を愛してはいなかったけどね。

Phoebe: Oh, see, Jack did love the cow.
 あ、そうね、ジャックは牛を愛してたのよね。

Rachel: But see, it was a plan. You know, it was clear. It was figured out, and now everything's just kinda like...
 でもね、あの時はプランがあったのよ。はっきりしてたのよ。未来を想定してたのよ。それがいまや、何もかもが・・・なんていうか・・。

Phoebe: Floopy?
 フルーピィ?

(フルーピィはフィービーの造語? Floopy はフロッピーfloppyのスペルミスという地位を確立してるらしいので、間違ってわかんなくなっちゃってるという雰囲気があるのかも。。)

Rachel: Yeah.
 それよ。

Monica: So what, you're not the only one. I mean, half the time we don't know where we're going. You've just gotta figure at some point it's all gonna come together, and it's just gonna be... un-floopy.
 それはあなただけじゃないわよ。私たちだって、どうなるのかわかんないわよ。でもいつか形ができてきて、そしてうまくまとまるのよ。そして・・アン(反)フルーピィになるのよ。

Phoebe: Oh, like that's a word.
 そんな言葉聞いたことない。

Rachel: Okay, but Monica, what if- what if it doesn't come together?
 でもね、モニカ、もし、もしも、うまくまとまらなかったら?

Monica: ...Pheebs?
 ・・フィーブス?

Phoebe: Oh, well... 'cause.... you just... I don't like this question.
 うう、そうね・・・えっと・・だから・・・その質問嫌いよ。

Rachel: Okay, see, see, you guys, what if we don't get magic beans? I mean, what if all we've got are.. beans?
 ね、そうじゃない? 二人とも。もし、ゲットしたのが魔法の豆じゃなかったら? もし、それが・・ただの豆だったら?

《マジカルスクエアガーデン》

Ross: Get him! GET HIM! Get him! Get- YESSS! Not laughing now, are ya, pal!
 行け! 行け! やっつけろ! よーっし! これで笑ってられないぞ!

Chandler: See buddy, that's all you need, a bunch of toothless guys hitting each other with sticks.
 (ロスに)な、やっぱりおまえに必要なのは、スティックで殴り合う歯のない選手達なんだよ。

Ross: Pass it! Pass it!
 パス! パス!

Chandler: He's open!
 あいてるぞ!

All: Shoot! Shoot! Shoot!
 シュート!シュート!シュート!
(パックがロスの顔に当たる)

Chandler: Hey, look, we're on that TV thing!
 おい、見ろよ、俺たちあのテレビに映ってるぞ。

《救急病院》

Chandler: Excuse me.
 ちょっと失礼。

Receptionist: It says to call this number if you're not completely satisfied with this candy bar. Well, I'm not completely satisfied.
 (電話中)もしこのキャンディバーに完璧に満足できなかったらこの番号へかけるようにって書いてあるじゃない。私は完璧に満足できてないんだよ。

Chandler: Listen, it's kind of an emergency. Well, I guess you know that, or we'd be in the predicament room.
 聞いてよ、救急病棟だろ・・いや、それはわかってるよね。そうじゃなかったら困窮病棟になっちゃうアハハ。

Receptionist: Hold on. Fill these out, sit over there.
 (電話に)ちょっと待って。(チャンドラーに)問診票書いて、そこで座ってて。

Ross: Look, I don't wanna make any trouble, okay, but I'm in a lot of pain here, alright? My face is dented.
 いいかい、騒ぎ立てたくはないけど、ものすごい痛さなんだ。顔がへこんでるんだから。

Receptionist: Well, you'll have to wait your turn.
 順番を待たないとね。

Joey: Well, how long do you think it'll be?
 それでどれくらいかかりそう?

Receptionist: Any minute now.
 すぐよ。

Ross: Hey, this- Heyy...
 ちょっと!(にらまれて) !うわ・・・

《モニカの部屋・モニカはクッキードウを食べている》

Rachel: I'm so sorry, you guys. I didn't mean to bring you down.
 ごめんねぇ・・。みんなまでへこませてしまって。

Monica: No, you were right. I don't have a plan.
 ううん。あなたのいう通りよ。何もプランなんてないんだもの。

Pizza Guy: Pizza guy!
 ピザ屋でぇす。

Monica: Thank God.
 ああ助かった。

Rachel: Food.
 食べ物だ。(受け取りに行く)

Monica: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: What?
 なに?

Monica: Do you have a plan?
 あなたプランある?

Phoebe: I don't even have a 'pl'.
 プの字もない。

Pizza Guy: Hi, one, uh, mushroom, green pepper and onion?
 こんにちは。えっと、マッシュルーム、グリーンペッパーとオニオンで?

Rachel: No, no, that's not what we ordered... We ordered a fat-free crust with extra cheese.
 ああもう・・それオーダーしたのと違うわよ。私たち脂肪ゼロクラストのチーズ大盛りピザを頼んだのよ。

Pizza Guy: Wait, you're not 'G.Stephanopoulos?' Man, my dad's gonna kill me!
 待って、こちら、G・ステファノプロスさんじゃないの? わー、おやじに殺される!

Monica: Wait! Did you say 'G.Stephanopoulos?'
 待って! G・ステファノプロスって言った?

Pizza Guy: Yeah. This one goes across the street, I must have given him yours. Oh, bonehead, bonehead!
 うん。これは通りの向こうへ行くはずだったんだ。彼のとこへおたくのを置いてきちゃったんだよ。ああ、俺のバカバカ!

Monica: Wait, was this a-a small mediterranean guy with curiously intelligent good looks?
 待って。その人、低めの地中海系で、すごい知的でかっこいい人?

Pizza Guy: Yeah, that sounds about right.
 ああ、そんな感じだね。

Monica: Was he wearing a stunning blue suit?
 素敵なブルーのスーツ着てた?

Phoebe: And-and a power tie?
 それで、パワータイしてた?

(こちらがジョージ・ステファノプロス
パワータイというのは、よく政治家やアナウンサーがしているような、青・赤系のストライプなどのネクタイのこと。知的で上品で自分を主張するようなネクタイらしい)


Pizza Guy: No, pretty much just a towel.
 いや、タオルだけだったよ。

Monica: Oh, God.
 わーお・・。

Pizza Guy: So you guys want me to take this back?
 これ取り替えしないといけない?

Monica: Are you nuts?! We've got George Stephanopoulos' pizza!
 バカ言わないで! ジョージ・ステファノプロスのピザでいいわよ!

Rachel: Uh, Pheebs? Who's George Snuffalopagus?
 ねぇ、フィーブス? ジョージ・スナファロパガスって誰よ?

Phoebe: Big Bird's friend.
 ビッグバードの友達?(笑)

Monica: I see pizza!
 (ステファノプロスの部屋を見る)ピザが見えるわ!

Phoebe: Oh, I wanna see! Let me see! Let me see!
 ああ、私も見る! 見せて見せて!(双眼鏡で見る)

Rachel: Hello? Who are we spying on?
 ねえ! 誰のことのぞいてるの?

Monica: White House adviser? Clinton's campaign guy? The one with the great hair, sexy smile, really cute butt?
 ホワイトハウスのアドバイザーよ。クリントンのキャンペーンやった人。素敵な髪型で、セクシーな笑顔でさ、すっごいキュートなお尻してるの。

Rachel: Oh, him, the little guy? Oh, I love him!
 ああ、彼! あの小さい人?! わお、あの人大好き!

Phoebe: Ooh, wait.. wait, I see a woman.
 待って、待って・・女が見える!

Monica: Please tell me it's his mother.
 お願い、おかあさんだって言って。

Phoebe: Definitely not his mother.
 絶対違うわね。

Monica: Oh, no...
 ああもう。

Phoebe: Oh, wait, she's walking across the floor.. she's walking.. she's walking.. she's going for the pizza.. Hey, that's not for you, bitch!
 ちょっと待って・・・彼女は部屋を横切ってくわ・・・歩いてる・・歩いてる・・あ、ピザに手を出した! あんたのじゃないわよメスブタ!(自分で驚いて口をふさぎ立ち去る)

《救急病院》

Chandler: Excuse me, look, we've been here for over an hour, and a lot of people less sick than my friend have gone in. I mean, that guy with the toe thing? Who's he sleeping with? Oh, come on Dora, don't be mad... I know we both said some things we didn't mean, but that doesn't mean we still don't love each other. You know, I feel like I've lost her.. Ba-!
 ちょっとすみませんけど、もう1時間以上待ってるのに、ぼくの友達ほど悪くなさそうな人がどんどん入ってくんだよね。あのつま先の人とか? あれは誰の彼氏? (ガラス扉を閉められる) ああもうドーラ、怒らないで。僕ら、思ってもいないことを言い合ったりしたけど、それでも僕らの愛が終わってしまったわけじゃないだろ?(仲間に)彼女を失っちゃったみたい。(ガラス扉が開いて驚く)わっ!!

《モニカの部屋、バルコニー》

Monica: Light still out?
 明かりは消えたまま?

Rachel: Yeah.
 うん。

Monica: Oh. Maybe they're- napping.
 ちょっとうたたねしてるのかもね。

Rachel: Oh please, they're having sex.
 冗談でしょ、セックスしてるのよ。

Monica and Phoebe: Shut up!
 言うな!

Rachel: So, what do you think George is like?
 ジョージってどんな人だと思う?

Monica: I think he's shy.
 シャイな人だと思うな。

Phoebe: Yeah?
 そう?

Monica: Yeah. I think you have to draw him out. And then- when you do- he's a preppy animal.
 そうよ。本当の彼を引っ張りださないといけないのよきっと。そうすると・・・そうすると彼はプレッピー風の野獣になるわけよ。

《救急病院》

Ross: I remember the moonlight coming through the window- and her face had the most incredible glow.
 窓から月の光が刺していたのを思い出すよ・・・そして彼女の顔が月の光に輝いて・・・

Chandler: Yes, the moon, the glow, the magical feeling, you did this part- Could I get some painkillers over here, please?
 わかったよ。月だろ、輝きだろ、マジカルだったんだろ、もう聞いたよ。お願い!痛み止めもらえない?!

Joey: He's right, enough, already. What is the big deal about today? So you slept with her for the first time, so what? You slept with her for seven years after that.
 そうだよ。もうたくさんだよ。今日がいったい何なんだよ。彼女と初めて寝たか知らないけど、その後、7年も寝ただろ?

Ross: Look, it's just a little more complicated...
 もうちょっと複雑なんだよ。。

Chandler: Well, what? What? What is it? That she left you? That she likes women? That she left you for another woman that likes women?
 何がだよ。何が?彼女がおまえを捨てたこと? 彼女が女を好きだったこと? 彼女がおまえを捨ててほかの女好き女に走ったこと?

Ross: Little louder, okay, I think there's a man on the twelfth floor in a coma that didn't quite hear you...
 もうちょっと大きな声で言えば12階の昏睡患者にも聞こえたかもな。

Chandler: Then what?
 じゃあ、なんなんだよ。

Ross: My first time with Carol was...
 キャロルとの初めての時は・・・

Joey: What?
 なんだ?

Ross: It was my first time.
 僕の初めての時だったんだ。

Joey: With Carol? . . Oh.
 キャロルと? えっ。

Chandler: So in your whole life, you've only been with one−oh.
 それじゃおまえこれまでに彼女一人? わお。

Joey: Whoah, boy, hockey was a big mistake! There was a whole bunch of stuff we could've done tonight!
 なんてことだ。ホッケーは大間違いだったよ。今夜はもっとほかにすることいっぱいあったよ。

《モニカの部屋、バルコニー》

Monica: Okay. Okay, I got one. Do you remember that vegetarian pate that I made that you loved so much?
 わかったわかった、一つ思いついたわよ。あなたがすごい気に入ったベジタリアンパテ覚えてる?

Phoebe: Uh-huh.
 うん。

Monica: Well, unless goose is a vegetable...ha haaaah!
 あは。鴨がベジタブルだっていうならね!

Phoebe: Oh! Oh! Oh! Okay, fine, fine. Now I don't feel so bad about sleeping with Jason Hurley.
 うわっうわっうわ! いいわよいいわよ。だったら私も、ジェイソン・ハーレイと寝たことそんなに悪く思わなくてもいいわよね。

Monica: What?! You slept with Jason?
 なんですって?! ジェイソンと寝たの?

Phoebe: You'd already broken up.
 あなたが別れた後よ。

Rachel: How long?
 どれくらい後?

Phoebe: A couple hours.
 2時間。

Monica: Oh, that's nice!
 まあ! 素敵だこと。

Rachel: Okay, okay, okay, I got one! Anyway- The valentine Tommy Rollerson left in your locker was really from me.
 わかったわかった! 思いついたわよ! (体を起こしたらクッションが落ちた)とにかく・・あなたのロッカーに入ってたトミー・ローラーソンからのバレンタインプレゼントは実は私でした!

Monica: Excuse me?!
 なんですって?

Rachel: Hello? Like he was really gonna send you one? She was a big girl.
 ちょっと。彼が本当にあなたに贈ると思う? (フィービーに)彼女はすごい横に大きかったのよ。

Monica: Really. Well, at least 'big girls' don't pee in their pants in seventh grade!
 あらそうですか。少なくとも大きい子は7年生でお漏らししないわよね。

Rachel: I was laughing! You made me laugh!
 私は笑っちゃってたのよ。あなたが笑わせたからよ!

Phoebe: There he is! There he is!
 彼が見える彼が見える!

Monica: Where?
 どこ?

Phoebe: Right- where we've been looking all night!
 私たち一晩中見てるじゃん。

Rachel: He is so cute!
 彼って本当にキュートね!

Monica: Oh, George, baby, drop the towel!
 ああ、ジョージ、タオルを落として!

All: Yeah, drop it! Drop the towel! Please drop the−(pause)−wowww.
 そうよ、タオルを落として! お願い落として・・・わーお・・・。

《救急病院:ジョーイとチャンドラー》

Joey: Man. Can you believe he's only had sex with one woman?
 ああもう、信じられる? 一人の女としかセックスしたことないなんて。

Chandler: I think it's great. You know, it's sweet, it's romantic...
 すごいことだと思うよ。素敵だよ。ロマンチックで・・。

Joey: Really?
 本気?

Chandler: No, you kidding? The guy's a freak..
 まさか。冗談だろ。おかしいよ。どうかと思うね。

(ロスが戻る)

Both: Hey, buddy.
 ヘイ。

Ross: Hi.
 あぁ。

Receptionist: Oh, that's attractive.
 まぁ、魅力的だこと。

Chandler: Oh, I thought you were great in Silence of the Lambs. Oh come on, admit it! All things considered, you had fun tonight.
 羊たちの沈黙でのおまえは素晴らしかったよな。なぁ、認めろよ、今夜は結局楽しかっただろ?

Ross: Fun? Where was the fun? Tell me specifically, which part was the fun part? Where's my puck?
 楽しかった? どの部分が楽しかったのか教えてくれる? 僕のパックは?

Joey: Oh, ah- the kid has it.
 ああ、あの子が持ってる。

Ross: The kid...? Excuse me, uh, that's, that's my puck.
 あの子? ちょっと君、えーと、それ僕のパックなんだ。

Kid: I found it. Finders keepers, losers weepers.
 僕が見つけたんだ。見つけたもん勝ちだね、無くしたもんの負け。

Chandler: You gotta do it, man.
 負けるな。

Ross: Oh yeah? Well, I'm rubber, you're glue, whatever−can't do it. Listen, uh- gimme back my puck.
 そうかい? 憎まれ口たたくと自分に返ってくるんだぞ・・(チャンドラーに)無理。(子供に)聞いて、僕のパック返して。
 (I'm rubber, you're glue... 自分はゴムで相手は接着剤。
 "you" が何か言っても、跳ね返ってくっついてしまう)


Kid: No.
 いや!

Ross: 'Yes', how about. Come here. Gimme!
 返すんだよ。返せ。返せ!

Kid: No! No!
 いや! いやだ!

Receptionist: Hey! Hey! No rough holding in my ER!
 ちょっと! 救急病棟で喧嘩しない!!

Ross: GIVE ME MY PUCK!! ...Now that was fun.
 僕のパックを返せ!!(パックが受付の人にあたってしまう)ああ、これは楽しかったね。

《モニカの部屋:ロスが指示、ツイスターをする皆》

Ross: Okay, Monica: Right foot red.
 よし、モニカ、右足を赤。

Monica: Could've played Monopoly, but nooooo.
 モノポリーだってできたのにこれよ。

(ノックの音。レイチェルが落としたクッションを届けてくれた人)
Chandler: Thanks.
 ありがと。

Ross: Okay, Pheebs, Right hand blue. . . Good.
 いいかいフィーブス、右の手を青に。よし。

(電話が鳴る)
Chandler: Hello? Oh, uh, Rachel, it's the Visa card people.
 もしもし? ね、レイチェル、ビザカードの人だよ。

Rachel: Oh, okay. Will you take my place?
 あ、わかった。代わりにやってくれる?

Chandler: Alright. . Yes, this is Rachel.
 わかった。(電話で)はい、レイチェルです。

Rachel: Nooo! Hello? . . Oh, yeah, no, I know, I-I haven't been using it much. . . Oh, well, thanks, but, I'm okay, really.
 ダメよー!! (電話に出て)もしもし、ええ、そうなの、最近使ってないのよ。ええ、ありがとう、でも大丈夫ですからほんとに。

Ross: Green. To the green.
 緑、緑へ。

Rachel: I've got magic beans. Never-never mind.
 (電話)魔法の豆をゲットしたのよ。なんでもないなんでもないわ。

Chandler: To the left, to the left- aww!
 左へ・・左へ・・わお!
(みんな崩れる)

Rachel: Ohhh... I'm fine.
 (満足げにタメイキ)私大丈夫。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 15:17| Comment(3) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1-3 The One with the Thumb

1-3 親指の話

 ☆モニカの彼はみんなのもの?☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hi, guys!
 ハーイ!

All: Hey, Pheebs! Hi!
 ハーイ、フィーブス!

Ross: Hey. Oh, oh, how did it go?
 そうそう、どうだった?

Phoebe: Um, not so good. He walked me to the subway and said, “We should do this again!”
 よくなかったわ。駅まで送ってくれて、「またデートしようね」ですって。

All: Ohh. Ouch.
 あう。イタタ。

Rachel: What? He said, “We should do it again.” That's good, right?
 え? 「またデートしよう」って言ったんでしょ、いいんじゃないの?

Monica: Uh, no. Loosely translated, “We should do this again” means “You will never see me naked.”
 違うわよ。言い換えると「またデートしよう」は「2度と寝ることはない」ってことよ。

Rachel: Since when?
 いつから?

Joey: Since always. It's like dating language. You know, like “It's not you” means “It is you.”
 ずっとだよ。デート語っていうかさ、「君のせいじゃない」は「問題はおまえだ」

Chandler: Or “You're such a nice guy” means “I’m gonna be dating leather-wearing alcoholics and complaining about them to you.”
 「本当にいい人ね」は「レザーを来たアルコール漬けの男とつきあうから愚痴きいてよね」

Phoebe: Or, or, you know, “I think we should see other people” means “Ha, ha, I already am.”
 あとはそうね、「私たちほかの人とも知り合ってみるべきよ」ってのは、「もう知り合っちゃったー」ってことよ。

Rachel: And everybody knows this?
 それって誰でも知ってることなの?

Joey: Oh, yeah. Cushions the blow.
 そうさ。ダメージを和らげるんだ。

Chandler: Yeah, it's like when you're a kid, and your parents put your dog to sleep, and they tell you it went off to live on some farm.
 そうだな。子供に親が、犬が死んでしまったとは言わずに、農場で暮らしてるって言うのと同じさ。

Ross: That's funny, that, no, because, uh, our parents actually did, uh, send our dog off to live on a farm.
 おもしろいことに、うちの両親は実際に犬を農場に送ったんだよ。

Monica: Uh, Ross..?
 ・・ロス?

Ross: What? Wh- hello? The Milners' farm in Connecticut? The Milners, they had this unbelievable farm. They had horses, and, and rabbits that he could chase and it was- it w- .....Oh, my God! Chi-Chi!
 なに?わからない? コネチカットのミルナーズファームだよ。信じられないくらい素敵な農場で、馬がいて、ウサギもいて、それを追いかけたりして・・・うそ。。チーチー!

《チャンドラーとジョーイの部屋》

Chandler: "So how does it feel knowing you're about to die?"
 「もうすぐ死ぬとわかっている気分はどうだ?」

Joey: "Warden, in five minutes my pain will be over. But you'll have to live with the knowledge that you sent an honest man to die."
 「所長さん、俺の苦しみは、あと5分で終わる。でも、あんたはこの先ずっと、無実の俺を死刑にかけたって事実をしょって生きてくんだ」

Chandler: Hey, that was really good!
 わお。すごいよかったよ。

Joey: Yeah? Thanks! Let's keep going.
 ありがと。続けよう。

Chandler: Okay. "So. What do you want from me, Dimon? Huh?"
 よし「希望はあるか、ディモン?」

Joey: "I just wanna go back to my cell. 'Cause in my cell, I can smoke."
 「独房へ帰らせてくれ。そうすればタバコが吸えるからな」

Chandler: "Smoke away."
 「吸っていいぞ」

(ジョーイはタバコとライターを出すが喫煙はうまくできない)

Chandler: I think this is probably why Dimon smokes in his cell alone.
 ディモンが一人になりたいのはそのせいか。

Joey: What?
 え?

Chandler: Relax your hand! Let your wrist go. . . Not so much!
 手の力を抜いて! だらんと。・・抜き過ぎだ!

Joey: Whoah!
 おお!

Chandler: Hey!
 おいおい!

Joey: Hey!
 おいおい!

Chandler: All right. Now try taking a puff. . Alright.. okay. No. Give it to me.
 よし、一服してみろ。(ジョーイは顔をしかめる)よーし・そう。ダメだ、タバコをよこせ。

Joey: No no no, I’m not giving you a cigarette.
 ダメダメダメ。おまえにタバコは吸わせないぞ。

Chandler: It's fine, it's fine. Look, do you wanna get this part, or not? Here. . . All right. Now, don't think of it as a cigarette. Think of it as the thing that's been missing from your hand. When you're holding it, you feel right. You feel complete.
 大丈夫、大丈夫だから。なぁ、この役が欲しいんじゃないのか?(ジョーイは渋々タバコを渡す)タバコだと思うな。おまえの手に欠けていたものだと思え。それを手にすると、ピッタリくるんだ。おまえは満たされる。

Joey: You miss it?
 タバコが恋しい?

Chandler: No, not so much. All right, now we smoke. . . Oh, my God.
 別に。よし、吸うぞ。(吸う)おー・・まい・・ごーっど・・。

《セントラルパーク》

Monica: No, no, no. They say it's the same as the distance from the tip of a guy's thumb to the tip of his index finger.
 違う違う、違うわよ、親指の先から人差し指の先の長さと同じだそうよ。

Joey: That's ridiculous!
 そんなバカな。

Ross: Can I use.. either thumb?
 両手使っていい?

Rachel: All right, don't tell me, don't tell me! Decaf cappuccino for Joey. Coffee, black. Latte. And an iced tea. I'm getting pretty good at this!
 黙っててよ、黙っててよー。(飲み物を皆に配る)ジョーイにはカフェイン抜きカプチーノでしょ、ブラックコーヒー、ラテ、そしてアイスティー! できるようになったでしょう!

All: Yeah. Yeah, excellent.
 素晴らしい!

Rachel: Good for me!
 私よくできました!

(みんな飲み物を交換する。フィービーが来る)

Joey: You okay, Phoebe?
 フィービー、大丈夫?

Phoebe: Yeah- no- I'm just- it's not even worth.. It's my bank.
 うん。ちょっと・・言うほどじゃ・・銀行がいけないのよ!

Monica: What did they do to you?
 銀行がどうかしたの?

Phoebe: It's nothing, it's just- Okay. I'm going through my mail, and I open up their monthly, you know, “statement”..
 何でもないの。ちょっと・・いい?郵便物を確認するでしょ、そして見たのよ銀行の今月の報告書!

Ross: Easy.
 落ち着いて。

Phoebe: And there's five hundred extra dollars in my account.
 そうしたら私の口座に余分に500ドルあったのよ。

Chandler: Oh, Satan's minions at work again.
 ああ、また悪魔の手先の仕業だ。

Phoebe: Yes, 'cause now I have to go down there, and deal with them.
 これで銀行へ行って話さなきゃならなくなったわ

Joey: What are you talking about? Keep it!
 何いってんだよ、もらっとけよ

Phoebe: It's not mine, I didn't earn it. If I kept it, it would be like stealing.
 わたしんじゃないもの! 私が稼いんじゃないもの。返さなかったら、盗みになるのよ

Rachel: Yeah, but if you spent it, it would be like shopping!
 でも使えば買う楽しみになるのよ

Phoebe: Okay. Okay, let's say I bought a really great pair of shoes. Do you know what I'd hear, with every step I took? 'Not-mine. Not-mine. Not-mine.' And even if I was happy, okay, and, and skipping- 'Not-not-mine, not-not-mine, not-not-mine, not-not-mine'...
 いい?もし、これで素敵な靴を買ったとするでしょ、そうすると、歩くたびに、ネコババネコババって音がするのよ。もし私がご機嫌で、スキップしたとするでしょ、そうすると、ネコネコババ、ネコネコババ、ネコネコババババ・・

Monica: We're with you. We got it.
 もういい、わかった、わかったわよ。

Phoebe: Okay. I'd- just- I'd never be able to enjoy it. It would be like this giant karmic debt.
 うん。私絶対に楽しめないと思うもの。ネコババしたらものすごいカルマになるわ。

Monica: Chandler, what are you doing? Hey. What are you doing?
 チャンドラー、何してるの? ねぇ、何してるのよ?

(チャンドラーがタバコの煙を吐く)

All: Oh! Oh, gross!
 うわ!なんてことを!

Ross: What is this?!
 何してるんだよ。

Chandler: I'm smoking. I'm smoking, I'm smoking.
 タバコ吸ってるんだよ。吸っちゃってるの。

Phoebe: Oh, I can't believe you! You've been so good, for three years!
 まぁ、信じらんない。この3年間、ずっと禁煙できてたのに!

Chandler: And this is my reward!
 だからそのご褒美だよ。

Ross: Hold on a second, all right? Just think about what you went through the last time you quit.
 待てよ。いいか、前の禁煙のつらさを思い出してみろよ。

Chandler: Okay, so this time I won't quit!
 だから今度は禁煙しないもん。

All: Ohhh! Put it out!
 ダメ! 消して!

Chandler: All right! I'm putting it out, I'm putting it out.
 わかったよ。消すよ消せばいいんだろ(フィービーのコーヒーに落とす)

Phoebe: Oh, no! I- I can't drink this now!
 まぁひどい。これでもう今は飲めないわ。

Monica: All right. I'm gonna go change, I've got a date.
 さてと。私は着替えてこれからデートよ。

Rachel: Is this Alan again? How's it going?
 またアランと? うまくいってるの?

Monica: It’s going pretty good, you know? It's nice, and, we're having fun.
 うまくいってるわ。いい感じよ。楽しんでる。

Joey: So when do we get to meet the guy?
 それで、いつ俺たちに会わせてくれるの?

Monica: Let's see, today's Monday... Never.
 そうね・・今日は月曜日でしょ・・永遠にダメ。

All: Oh, come on! Come on!
 そんな! 何てことを!

Monica: No. Not after what happened with Steve.
 ダメよ。スティーブのときあんなことになったもの。

Chandler: What are you talking about? We love Steve! Steve was sexy!.. Sorry.
 何を言ってるんだよ? しゅてぃーぶったら、しぇくしー!!・・・失敬。

Monica: Look, I don't even know how I feel about him yet. Just give me a chance to figure that out.
 いい?私自身の気持ちもはっきりしてないの。時間をちょうだい。

Rachel: Well, then can we meet him?
 そうしたら会わせてくれる?

Monica: Nope. Sorry.
 ダメ! しゅまんね!

《モニカのレストラン》

Monica: I mean, why should I let them meet him? I mean, I bring a guy home, and within five minutes they're all over him. They're like- coyotes, picking off the weak members of the herd.
 だってね、どうして彼をみんなに会わせなきゃいけないかっての。会わせたとするでしょ、5分もたたないうちに、みんなでよってたかって。まるで、群れの中の弱いメンバーをいじめるコヨーテね。

Paula: Listen. As someone who's seen more than her fair share of bad beef, I'll tell you: that is not such a terrible thing. Come on, now, they're your friends, they're just looking out after you.
 聞きなさいって。人様の分まで悪いビーフに当たってきた私に言わせてみれば、そんなひどい話じゃないわよ。いい友達でしょ、あんたのこと心配してるのよ。

Monica: I know. I just wish that once, I'd bring a guy home that they actually liked.
 わかってるけど。一回ぐらい、私の彼をみんなが好きになってくれないかしらね。

Paula: Well, you do realize the odds of that happening are a little slimmer if they never get to meet the guy.
 わかんない? 会わせないってんなら、その確率は低いわよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーはバルコニーで喫煙》

Joey: Let it go, Ross.
 忘れろって、ロス。

Ross: Yeah, you didn't know Chi-Chi.
 なんだよ、チーチーを知らないくせに。

Monica: Do you all promise?
 みんな、約束よ?

All: Yeah! We promise! We'll be good!
 わかってる! 約束する! いい子にする!

Monica: Chandler? Do you promise to be good?
 チャンドラー? いい子にするって約束する?

(チャンドラーは胸の上で十字を切ってみせる。雨が降り出したので窓を叩く)

Joey: You can come in, but your filter tip little buddy has to stay outside!
 おまえは入ってきてもいいけど、そのフィルターのついたやつはダメだぞ。

(雨に濡れるチャンドラー。フィービーがくる)

Ross: Hey, Pheebs.
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: “Dear Ms. Buffay. Thank you for calling attention to our error. We have credited your account with five hundred dollars. We're sorry for the inconvenience, and hope you'll accept this--football phone as our free gift.” Do you believe this?! Now I have a thousand dollars, and a football phone!
 「ブフェさま、私どものミスをお知らせいただきありがとうございました。貴口座に500ドル記帳させていただきました。ご不便をおかけしてもうしわけございませんでした。お詫びとしてフットボールフォンをお受け取りいただけましたら幸いです」信じられる? これで私は1000ドルとフットボールフォンをもらっちゃったのよ。

Rachel: What bank is this?
 どこの銀行よ?!

(ブザーが鳴る)

Monica: Okay, it’s him. Who is it?
 彼だわ。(インターホンで)どなた?

Alan: Alan.
 アランだ。

Joey: Chandler! He's here!
 チャンドラー! 彼が来たぞ!

Monica: Okay, please be good, please. Just remember how much you all like me.
 いい、みんな、いい子にしてね、私のためだってこと忘れないで。
(アランがくる)

Monica: Hi. Alan, this is everybody. Everybody, this is Alan.
 ハーイ、アラン。こちら友人達よ。みんな、こちらアラン。

Alan: Hi.
 やぁ。

All: Hi, Alan.
 ハーイ、アラン。

Alan: I've heard so much about all you guys!
 あんたらのことはたんと聞いちょるよ。

《時間経過:アランを見送るモニカ》

Monica: Thanks. I'll call you tomorrow. . . Okay. Okay, let's let the Alan-bashing begin. Who's gonna take the first shot, hmm? . . Come on!
 ありがとう。明日電話するわ。(アランは帰る)さあ、アランバッシングする? 最初に言いたいのは誰? さぁ、誰なの?

Ross: ...I'll go. Let's start with the way he kept picking at- no, I'm sorry, I can't do this, can't do this. We loved him.
 僕からいくよ。彼のあの癖・・いや、ごめん、無理だ、できないよ。僕ら彼が気に入ったよ。

All: Loved him! Yeah! He's great!
 気に入った! ほんと彼はすごいよ。

Monica: Wait a minute! We're talking about someone that I'm going out with?
 ちょっと待って。みんな、私のデート相手の話してる?

All: Yes!
 そう!

Rachel: And did you notice...?
 みんな気づいた?(親指と人差し指を広げる)

The Guys: Yeah.
 うん。

Joey: Know what was great? The way his smile was kinda crooked.
 何がいいって、あの笑顔のひねた感じ?

Phoebe: Yes, yes! Like the man in the shoe!
 そう、それよ! 靴の中のひねた男よ!

Ross: ...What shoe?
 靴って何?

Phoebe: From the nursery rhyme. “There was a crooked man, Who had a crooked smile, Who lived in a shoe, For a… while…”
 マザーグースよ。ひねた男がいました、ひねた笑顔で靴に住んでて・・・それで・・(わからなくなったようす)

 There was a crooked man


 (フィービーは歌詞を間違えたようです)

Ross: ...So I think Alan will become the yardstick against which all future boyfriends will be measured.
 僕が思うに、アランは、将来のボーイフレンドの基準となるね。

Rachel: What future boyfriends? No, no, I think this could be, you know, “it.”
 将来のボーイフレンドって何よ、それは違うわよ。私は彼こそがその人だと思うわ。

Monica: Really?
 ほんとうに?!

Chandler: Oh, yeah. I'd marry him just for his David Hasselhoff impression alone. You know I'm gonna be doing that at parties, right?
 そうだな。俺だったら、あのデビッド・ハッセルホフの物まねだけでも結婚しちゃうね。俺は宴会であれをやるぞ(といいながら物まねをする)

(デビッド・ハッセルホフはチャンドラーとジョーイの大好きなベイウォッチに出演していたので、その走る姿をマネているようです)

Ross: You know what I like most about him, though?
 彼の一番いいところは何だと思う?

All: What?
 なに?

Ross: The way he makes me feel about myself.
 自分自身についての感じ方を変えてくれたんだ・・・。

All: Yeah...
 ほんと・・。

《セントラルパーク:モニカ以外のメンバーがソフトボールから戻る》

Monica: Hi.. How was the game?
 ハーイ。ゲームはどうだった?

Ross: Well..
 それが・・

All: WE WON!! Thank you! Yes!
 勝ったんだ! ありがとう!! やった!

Monica: Fantastic! I have one question: How is that possible?
 すごいじゃない! 質問。なんでそんなことがあり得る?

Joey: Alan.
 アランだよ。

Ross: He was unbelievable. He was like that-that-that Bugs Bunny cartoon where Bugs is playing all the positions, right, but instead of Bugs it was first base-Alan, second base-Alan, third base-...
 彼はもう信じられないよ。あれ、あのバッグスバニーみたいなんだ。どこのポジションもバッグスが守るみたに。ファースト・アラン、セカンド・アラン、サードも・・。

Rachel: I mean, it-it was like, it was like he made us into a team.
 そうね、なんていうか・・彼が私たちを一つのチームにしてくれたのよ!

Chandler: Yep, we sure showed those Hasidic jewelers a thing or two about softball..
 その通り! ハシディックジュエラーズにソフトボールってものを教えてやったね。

Monica: Can I ask you guys a question? Do you ever think that Alan is maybe.. sometimes..
 聞きたいんだけど。アランってなんていうか時々・・

Ross: What?
 何?

Monica: ..I don’t know. A little too “Alan”?
 なんていうかな。アランってできすぎじゃない?

Rachel: Oh, no. That's not possible. You can never be too “Alan.”
 そんなのあり得ないわ。ありのままのアランがいいのよ。

Ross: Yeah, it's his, uh, innate “Alan-ness” that-that-that we adore.
 そうだな。ありのままでアランってところが好きなんだよ。

Chandler: I, personally, could have a gallon of Alan.
 俺だったらアランまみれになってもいいね。

《屋外・フィービーとホームレスのリジー》

Phoebe: Hey, Lizzie.
 こんちは、リジー。

Lizzie: Hey, Weird Girl.
 こんちは、妙な子。

Phoebe: I brought you alphabet soup.
 アルファベットスープ持って来たわよ。

Lizzie: Did you pick out the vowels?
 母音は抜いてくれた?

Phoebe: Yes. But I left in the Ys. 'Cause, you know, “sometimes Y”. And I also have something else for you.
 うん。でも「Y」は残したよ。だって時々母音じゃないじゃん。ほかにもあるの。

Lizzie: Saltines?
 クラッカー?

Phoebe: No, but would you like a thousand dollars and a football phone?
 違うの。1000ドルと、フットボールフォンいらない?

Lizzie: What? . . Oh, my God. . Oh, my God. There's really money in here.
 は? うわなにこれ。本当にお金が入ってるじゃない。

Phoebe: I know.
 そうよ。

Lizzie: Weird Girl, what are you doing?
 妙な子ったら、本当に何考えてんの?

Phoebe: I want you to have it. I don't want it.
 もらってほしいの。私はいらないから。

Lizzie: No, no, I ha-I have to give you something.
 それはできないよ。なんかお返しする。

Phoebe: Oh, that's fine, no.
 いいのいいの。

Lizzie: Would you like my tin-foil hat?
 アルミ箔帽子はどう?

Phoebe: No. 'Cause you need that. No, it's okay, thanks.
 いいわよ、だってそれいるでしょ? 本当に何もいらないから。

Lizzie: Please, let me do something.
 困るよ。なんかさせて。

Phoebe: Okay, alright, I’ll tell you what. You buy me a soda, and then we're even. Okay?
 わかったわ。じゃあソーダ買ってくれる? それでおあいこってことで、いい?

Lizzie: Okay.
 いいよ。

Phoebe: Okay.
 オーケー。

《チャンドラーが職場でタバコを隠れ吸う場面》

《屋外。フィービーとリジー》

Lizzie: Keep the change. Sure you don't wanna pretzel?
 つりはとっといて。(フィービーに)ほんとにプレッツェルはいらない?

Phoebe: No, I'm fine.
 いいのよ。

Lizzie: See ya.
 じゃあね。

Phoebe: Huh!
 (缶を開けて)へっ!

《セントラルパーク》

Ross: A thumb?!
 親指?

All: Eww!
 げー!

Phoebe: I know! I know, I opened it up and there it was, just floating in there, like this tiny little hitch-hiker!
 そうなのよ! 開けてみたら、そこに浮いてたの。まるで小さなヒッチハイカーみたい。

Chandler: Well, maybe it's a contest, you know? Like, collect all five?
 5本全部集めると懸賞、みたいな?

Phoebe: Does, um, anyone wanna see?
 見たい人いる?

All: Nooo!
 いや!

(チャンドラーがタバコに火をつける)

All: Oh, hey, don't do that! Cut it out!
 ちょっと、やめろって!やめろったら!

Rachel: It's worse than the thumb!
 親指よりたちが悪いわ。

Chandler: Hey, this is so unfair!
 そんなのないよ、不公平だよ

Monica: Oh, why is it unfair?
 なにが不公平なのよ。

Chandler: So I have a flaw! Big deal! Like Joey's constant knuckle-cracking isn't annoying? And Ross, with his over-pronouncing every single word? And Monica, with that snort when she laughs? I mean, what the hell is that thing? ...I accept all those flaws, why can't you accept me for this?
 俺にだって欠点はあるよ。それが何だよ。ジョーイがいつも指を鳴らすのはどうなんだよ。それからロス、一語一句きっちり発音するのはどう? それにモニカ、笑う時に鼻を鳴らす、あれはいったい何だよ。俺はみんなのそういうの受け入れてるのに、なんでタバコのこと受け入れてくれないんだよ!

Joey: ...Does the knuckle-cracking bother everybody?
 指鳴らすのって、そんな気に障る?

Rachel: Well, I-I could live without it.
 そりゃ・・なくてもいいと思うわね。

Joey: Well, is it, like, a little annoying, or is it like when Phoebe chews her hair?
 それってその・・ちょっと気になる程度? それともフィービーが髪を噛むのと同じくらい?

Ross: Oh, now, don't listen to him, Pheebs, I think it's endearing.
 フィーブス、気にするなよ。そんなのかわいい癖だよ。

Joey: Oh, "you do, do you"?
 おやさようでございますか。
(モニカが笑って鼻を鳴らす)

Ross: You know, there's nothing wrong with speaking correctly.
 きちんと正しく発音することに何ら問題はないよね

Rachel: Indeed there isn't... I should really get back to work.
 本当にさようでございますとも。・・ほんとに仕事に戻らなくっちゃ。

Phoebe: Yeah, 'cause otherwise someone might get what they actually ordered.
 そうよね。注文した通りのものを運んでもらわないとね。

Rachel: Ohh-ho-hooohhh. The hair comes out, and the gloves come on.
 おやおやぁ? 髪を吐き出して嫌みも吐いてきたわね?
(gloves come on - 手袋を投げると決闘の合図、ケンカを売るということになる。その意味の「手袋」を出してきたわねという感じ)

(みんなで言い合いになる。チャンドラーは機嫌良く出ていく)

《モニカのレストラン》

Monica: Did you ever go out with a guy your friends all really like?
 彼氏が友達に気に入られたことある?

Paula: No.
 ないね。

Monica: Okay.. Well, I'm going out with a guy my friends all really like.
 そうか。今のボーイフレンドが友達に好かれちゃってるんだ。

Paula: Wait, wait.. we talking about the coyotes here? All right, a cow got through!
 ちょっと待って。この前のコヨーテの話? よーし、牛が無事通過したね?

Monica: Can you believe it? ...You know what? I just don't feel the thing. I mean, they feel the thing, I don't feel the thing.
 信じられる? 私はピンとこないのよ。友達はそれを感じてるのに、私は感じないの。

Paula: Honey, you should always feel the thing. Listen, if that's how you feel about the guy, Monica, dump him!
 モニカったら。感じないならダメじゃん。もしピンとこないならモニカ、そいつやめなさい。

Monica: I know.. it's gonna be really hard.
 そうよね。でも大変だろうな。

Paula: Well, he's a big boy, he'll get over it.
 大人だもの、乗り越えるさ。

Monica: No, he'll be fine. It's the other five I'm worried about.
 違うの。彼は大丈夫だと思うけど、あとの5人よ、心配なのは。

《セントラルパーク》

Joey: Do you have any respect for your body?
 自分の体のこと大事じゃないのか?

Ross: Don't you realize what you're-you're doing to yourself?
 自分自身にどんなことをしてるのかわかってるのか?

Chandler: Hey, you know, I have had it with you guys and your cancer and your emphysema and your heart disease. The bottom line is, smoking is cool, and you know it.
  いいか、俺はわかってるよ、ガンになるっていうんだろ、あと肺気腫とか心臓病とか。だけど結局は、タバコ吸うってかっこいいんだよ。わかってるだろ。

Rachel: Chandler? It's Alan, he wants to speak to you.
 (電話を持って)チャンドラー、アランよ。話したいって。

Chandler: Really? He does? Hey, buddy! What's up! Oh, she told you about that, huh. Well, yeah, I have one now and then. Well, yeah, now. Well, it's not that bad. . Well, that's true,.. Gee, you know, no-one- no-one's ever put it like that before. Well, okay, thanks!
 ほんとに? アランが? どーも相棒! 調子どう? ああ、彼女が話した? ああ、時々吸うよ。ああ、今も。いや、そんな大事では・・。ああそれはその通りだけど。あ、いや、誰も・・今まで誰もそんなふうには言ってくれなかったよ。うん、わかった。ありがと。(電話を終え、タバコを消す)

Rachel: God, he's good.
 (ロスに)わお。。彼はすごいわ。

Ross: If only he were a woman.
 もし彼が女性だったらな

Rachel: Yeah.
 ほんとね。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Ooh, Lamb Chop. How old is that sock? If I had a sock on my hand for thirty years it'd be talking too.
 うー!ラムチョップめ! あの靴下は何年ものだ? 靴下30年も手につけてりゃしゃべりだすっての。

Ross: Okay. I think it's time to change somebody's nicotine patch.
 はいはい、ニコチンパッチのお時間ですね。

(モニカが来る)
Monica: Hey. Where's Joey?
 みんな、ジョーイはどこ?

Chandler: Joey ate my last stick of gum, so I killed him. Do you think that was wrong?
 ジョーイは俺の最後のガムを食ったから殺した。悪い?

Rachel: I think he's across the hall.
 たぶん自分の部屋にいるわよ。

Monica: Thanks.
 ありがと。(出て行く)

Ross: There you go.
 (ニコチンパッチをチャンドラーに貼る)これでよし。

Chandler: Ooh, I'm alive with pleasure now.
 おお! これで喜びに生き返った!

Ross: Hey, Pheebs, you gonna have the rest of that Pop Tart?.. Pheebs?
 ねぇフィーブス、そのポップタルトもらっていい? フィーブス?

Phoebe: Does anyone want the rest of this Pop Tart?
 誰かこのポップタルト食べる?

poptarts.jpg
 (これがポップタルト。すごい甘くて濃い味だとか)

Ross: Hey, I might!
 ねぇ、食べるよ!

Phoebe: Sorry. . . You know, those stupid soda people gave me seven thousand dollars for the thumb.
 ごめん。馬鹿なソーダ会社の連中が、親指の件で7000ドルくれたの。

All: You're kidding. Oh, my God.
 うっそ。すごい。

Phoebe: And on my way over here, I stepped in gum. ...What is up with the universe?!
 んで、ここにくる途中でガム踏んだ! この宇宙はいったいどうなってんの?!

(モニカがガウン姿のジョーイを連れて戻ってくる)

Joey: What's going on?
 何だっていうんだよ?

Monica: Nothing. I just think it's nice when we're all here together.
 別に。みんなでそろったらいいなと思っただけ。

Joey: Even nicer when everyone gets to wear their underwear.
 下着をつけた方がもっといいと思うけどね

Rachel: Uh, Joey..
 あ、ジョーイ。

Joey: Oh, God!
 うわ。(バスローブを直す)

Monica: Okay.
 (テレビを切って)さて。

All: Oh! That was Lamb Chop!
 あう。ラムチョップ見てたのに。

Monica: Please, guys, we have to talk.
 お願い。話したいことがあるの。

Phoebe: Wait, wait, I'm getting a deja vu...no, I'm not.
 待って! これデジャブだわ。・・あ、違った。

Monica: Alright, we have to talk.
 いい? 話したいことがあるの。

Phoebe: There it is!
 ほらやっぱりデジャブだ!

Monica: Okay. It's-it's about Alan. There's something that you should know. I mean, there's really no easy way to say this.. uh.. I've decided to break up with Alan.
 えー、アランのことで・・知っておいてもらいたいことがあるの。すごく言いにくいことなんだけど・・アランとは別れるわ。

Ross: Is there somebody else?
 誰かほかに?

Monica: No, no, no, no, no.. it's just.. things change. People change.
 違う違う、それはないわ。ただ・・・物事は変わるものよ。人も変わるわ。

Rachel: We didn't change.
 あたしたち変わってないのに。

Joey: So that's it? It's over? Just like that?
 それだけ? それおでおしまい? そんな簡単に?

Phoebe: You know.. you let your guard down, you start to really care about someone, and I just- I. .
 ね、自分のガードを緩めたら、誰かのこと本気で好きになれば・・・そしたら・・(髪を噛む)

Monica: Look, I- I could go on pretending-
 聞いて。好きなフリをしていくことはできるけど

Joey: Okay!
 よし!

Monica: No. That wouldn't be fair to me, it wouldn't be fair to Alan. It wouldn't be fair to you!
 ダメ。それは私自身にとって公平じゃないし、アランにとっても、みんなにとってもよくないことよ

Ross: Well, who wants fair? I just want things back. You know, the way they were.
 公平じゃなくてもいいよ! 取り戻したいだけだよ・・元通りに・・。

Monica: I'm sorry.
 ごめんね

Chandler: Oh, she's sorry! I feel better!
 ごめんねだって! ちょっと気が晴れた!

Rachel: I just can't believe this! I mean, with the holidays coming up. I wanted him to meet my family.
 信じらんない。もうすぐホリデーシーズンなのよ。私彼を家族に紹介したかったのに。

Monica: I'll meet someone else. There'll be other Alans.
 また誰かに出会うわ。またアランみたいな人がいるわよ

All: Oh, yeah! Right!
 ああ、そうですか!

Monica: Are you guys gonna be okay?
 みんな、大丈夫?

Ross: Hey, hey, we'll be fine. We're just gonna need a little time.
 大丈夫だよ。ちょっと時間がかかるだけだよ。

Monica: I understand.
 わかったわ。

《レストラン:モニカとアラン》

Alan: Wow.
 ワオ・・

Monica: I'm really sorry.
 本当に残念だわ。

Alan: Yeah, I'm sorry too. But, I gotta tell you, I am a little relieved.
 ああ、僕も残念だ。けど、正直言って、ちょっとほっとするところもあるよ。

Monica: Relieved?
 ほっとする?

Alan: Yeah, well, I had a great time with you. I just can't stand your friends.
 ああ。君とは楽しかったけど・・・君のあの友人達には耐えられないよ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: Remember when we went to Central Park and rented boats?.. That was fun.
 セントラルパークでボート借りたの覚えてる? 楽しかったわよね。

Ross: Yeah. He could row like a viking.
 彼ったらバイキングみたいに漕いでたな。

(モニカが来る)
Monica: Hi.
 ハーイ。

All: Mmm.
 ああ。

Ross: So how did it go?
 どうだった?

Monica: Oh, you know..
 うん、わかるでしょ。

Phoebe: Did he mention us?
 彼、私たちのこと言ってた?

Monica: He says he's really gonna miss you guys.
 みんなに会えなくて寂しくなるって。

Ross: You had a rough day, huh?
 大変だったな。

Monica: Oh, you have no idea.
 想像もつかないわよ。

Ross: Come here.
 おいで。

Chandler: ...That's it. I'm getting cigarettes.
 これまでだ。タバコ吸うぞ。

All: No no no!
 ダメ!!

Chandler: I don't care, I don't care! Game's over! I'm weak! I've gotta smoke! I've gotta have the smoke!
 知るか! 知るもんか! おしまいだ。俺は弱いんだ。タバコを吸う!タバコがいるんだ!

Phoebe: If you never smoke again I'll give you seven thousand dollars!
 もし二度とタバコ吸わなかったら、7000ドルあげる!

Chandler: Yeah, all right.
 わかった、やめるよ。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:18| Comment(0) | Season1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。